株をはじめるあなたのために

複利と資産運用!知っておきたい複利の効果!

増えるお金

 

複利と資産運用!知っておきたい複利の効果!

この記事は

・複利の効果って…なんですか?複利について知りたい方

・株式投資をはじめる前に、複利の効果について学びたい方

・投資と複利の関係性について知りたい方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『複利の効果って具体的にどういうこと…?』

『ってか複利ってなに?』

そういった方を対象に

『複利の効果』について解説していきます。

 

複利とは、利息の計算方法の一つなのですが

これを理解することで、

20年、30年後、あなたは大きく得をしているかもしれませんよ。

 

よく、『投資は早くはじめるべきだ!』と言われますが

 

この記事を読むことで、その意味が理解できるかもしれません。

もし、あなたがまだ資産運用をはじめていないのなら

この記事を読み、複利の効果について学び、資産運用について考え直すきっかけになれると、僕はうれしく思います。

解説内容

・単利と複利の違い

・複利の効果

・老後2000万円問題!解決の糸口にもなる!

 

この記事でわかること

投資における、複利の効果について知ることができます。短い期間では無理ですが、数十年という長い時間をかけて資産を運用していくことで、複利の効果は最大化されることがわかると思います。

この記事を読むことで、時間を味方につけることで老後資金の確保をおこないやすくなる。

ということがわかります。

単利と複利の違い

お金

まずは利息には『単利』『複利』というものがあります。

利息ってなんだっけ?

って方の為にかんたんに言うと

『お金を貸したことに対する対価』という意味で使用される言葉です。

(似た言葉で「利子」という言葉もありますが意味合いが変わってくるので注意です。)

 

本題に戻りますね!

最初に言った、『単利』と『複利』にはこのような違いがあります。

<単利>

元本部分に対してのみ利息がつく

<複利>

「元本」+「利息」の金額に対して、さらに「利息」がつく

このような違いがあります。

単利は最初の預けた金額(元本)に対してだけつきます。どんなに利息で金額が増えていったとしても、利息で増えた分の金額に対して利息がつくことはありません。

一方

複利は最初に預けた金額(元本)に利息がつくと、そのトータルの金額に対して「利息」がつきます。利息で金額が増えるたびに、前回よりも大きな利息がついていくことになります。

こうして説明を聞くだけでも、

単利よりも複利はお得なんだな~

お財布 主婦

って思いませんか?

単利だと、毎年もらえる額は同じだけど

複利だと、毎年少しづつ金額が増えていくことになります。

つまり、

同じ時間、資産運用した時に大きな利息をもらえるのは『複利』だということですね。

 

複利の例

・定期預金で元本に利息を足し、それを新たな元本とする場合

(利息が低すぎて話しになりませんが…いちよう書いておきます。)

・株式投資や投信信託で分配金(配当金や売買差益)を再投資していく運用

(もちろん、リスクはあります。分配金の減額や商品そのものが値下がりすることも当然あります!)

この複利の効果は短期間にでるものではなく、長期になればなるほど指数関数的に効果が大きくなっていきます。

今まで、

貯金しておくのが一番!

って思っていた方でも

今から知る複利の効果を知ると

資産を運用していくことで得られるメリットがいかに大きいのか知ることになるでしょう!

 

僕たちのような一般人が老後に大きなお金を残そうと思うとかなり大変です…。

僕は元々、手取り月収15万の男ですから毎日の生活でやっとでした。

どうすれば家族を守り、家族の笑顔を10年、20年と守っていけるのか本気で考えたものです。

しかし、この時間をうまく味方につけて資産を運用していくことで

僕らみたいな人でも、老後資金を確保していくことは可能になります。

 

複利の効果(グラフで比較!)

投資とお金

複利の効果がわかりやすいのはやはり比較ですね!

100万円のお金を運用して、年間5%の利息(1年で5万円ですね!現実味のある数字です。)がもらえると仮定して計算してみましょう!

いちよう、預貯金の場合も計算しますね。

<単利の場合>

元本100万の利息が毎年5万円はいってくることになります。

<複利の場合>

元本100万円の利息が5万円。翌年は元本105万円の利息が5万2500円です。このように毎年得られる利息は増えていきます。

<預貯金>

ゆうちょ銀行の場合は、通常の預貯金だと利率は0.001%です。

100万円の利息は1年で10円ですね…。

なんか…悲しい数字です。

 

この条件で30年運用するとどうなるのかグラフを作成しました!

複利、運用比較グラフ

運用期間が長いほど、大きな差がでてきましたね!

これは元本が固定の場合なので、

毎月定額を運用資金に積み立てる場合はさらに大きな結果につながります!

 

これが、資産運用は早くはじめるべきだよ!

といわれる大きな理由です!

時計と時間

仮に、15年で区切ってみると

『単利』と『複利』の差額は28万円しかありません。

 

複利の効果はでてはいるけど、微妙ですよね…。

複利の効果を最大限発揮できるようにするのは

・とにかく早く運用を開始して、多くの時間を味方につける!

・毎月の運用資金を増額する!

の二つだと思います。

初期投資で大きな資金を投入するのはNG

初期投資に大きなお金を投入すれば追いつける?

って思う方もいるかもしれませんが

このような長期で投資をおこなう場合

値下がりによるリスクが極端に大きくなってしまうのです。

長期で運用する場合、今回の『コロナショック』のような大幅な下落ってものが度々やってきます。

一度に多くの資金を投じた人たちは、真っ青になるくらい損失額は大きくなるでしょう…。

投資失敗

しかし、『ドルコスト平均法』といって

毎月、定額で、買えるだけ金融商品を買い足していくことで、値下がりによるリスクを低減させる方法があります。

こういった投資の方法を理解し、自分の運用に取り込んでいく事で

リスクはあるものの、リスクを限定していくことは可能になります。

もちろん、長期のみでなく、短期投資を繰り返すことでも実質的には複利の効果がでることになります。

ご自分の資産運用の方法に合わせて、投資の方法やリスクとの向き合い方というのは勉強しておく必要はありますよ。ってことですね。

おとふみ

老後2000万円問題!解決の糸口にもなる!

ここまで、『複利の効果』『運用における注意点』なんかも簡単に解説しましたが

自分たちの生活に落とし込んで

老後資金2000万を確保するために資産運用をおこなう場合を考えてみましょう。

貯金で2000万円貯める場合

毎月5万円の貯金を34年間続けなければなりません。

毎月5万って結構おおきいですよね…汗

家のローンがある… 子供の教育費が…

そもそも収入が…

いろいろと 僕自身も思うところがあります。

 

それを34年も続けるのはまぁまぁツライですよね…。

 

複利の効果を使って2000万貯める場合

もし、複利の効果をつかって運用した場合を考えてみましょう!

上記と同じ、毎月5万の積み立て運用をおこない、利息(利回り)5%で運用した場合

20年続けることで2000万円を突破します。

貯金よりも14年間も短くなりましたね!

 

次は毎月3万僕らでも、まだ頑張れる金額じゃないですか?)で利息(利回り)5%で運用した場合はこのようになります。

運用シュミレーション

(出典:金融庁の『資産運用シュミレーション』)

 

27年積み立てることで2000万円以上の金額になります。

自分が積み立てた金額は972万円。運用収益は1077万円となり、収益が元本を上回る結果になりました。

これが、複利の威力です!

補足

補足として

無理のない金額で、継続して運用していくことが長期投資では大切です。

早くから取り組むことで、毎月の運用資金は小さくできるということですね。

子育てであったり、本業が忙しかったり

なかなか資産運用にまで手が回らない人も多いと思いますが、

忙しいからと先送りにしていると

やっと子供が離れ、自分にも余裕ができた!

『えっと…老後資金は…汗』

シニア男性挫折

気づいたころには

運用するお金・時間そのものが無くなっている…

なんてことになりえます。

これはどこでも言っている事ですが

必要性を感じるのなら、早くはじめましょう!

 

複利と資産運用!知っておきたい複利の効果!~まとめ~

増えるお金

・単利と複利の違い

・複利の効果

・老後2000万円問題!解決の糸口にもなる!

3つの内容について解説しました。

 

<単利と複利の違い>

単利 : 元本部分に対してのみ利息がつく

複利 : 「元本」+「利息」の金額に対して、さらに「利息」がつく

このような違いがある。

そして、

時間を味方につけることができるのは『複利』であると言うことを解説しました。

預貯金でも複利の効果がないわけではないが

預貯金の利率は0.001% これではお金は増えるわけがありません。

一部を運用資金にまわし、複利の効果を得ませんか?

という話しをしました。

 

<複利の効果>

100万円のお金を運用して、年間5%の利率で計算した場合を比べてみましたね!

長い期間、運用すればするほど 指数関数的に複利の効果は大きくなっていく

ということが良くわかって頂けたのではないでしょうか。

逆に

運用する時間(お金)が少ないと思ったほどの効果が得られない場合もあります。

その時の注意点として

長期投資の場合は、一度に多くの資金を投じるのはやめた方が良いですよ!

という話しもしました。

これに関しては『ドルコスト平均法』について知ることで、僕がどうしてこんなことを言うのかわかって頂けると思います。

長期投資は定期・定額積み立てが最強じゃないかなぁ~ と僕は思います。

そしてなにより、運用時間を確保すること!

これははみなさん次第ですね。

 

<老後2000万円問題!解決の糸口にもなる!>

貯金で2000万円貯める場合は毎月5万円の貯金を34年間続けなければなりません。

毎月5万って結構大きい金額なのは、もちろん僕も理解しています。

家のローン… 子供の教育費…

収入が少ない…

 

もう少し金額を減らせないかな?

もっと短い期間で2000万貯めれないかな?

ここで登場するのが『複利』です。

複利の効果がいかに大きいものであるかは、グラフを見て頂いたのでわかってもらえたんじゃないかな。

と思っています。

早い段階から資産運用をはじめておくことで、複利の効果は最大化されるんですよ!

ということを覚えておいて欲しいと思います。

 

企業に勤めている方であれば

『退職金があるから大丈夫!』

って思う方もいるかもしれませんが

働き方が多様化する今の時代、フリーランスの方のように退職金がない方もいます。

実際のところ、あなたが勤めている企業も20年、30年先どうなっているのかは誰にもわかりません。

それも一つのリスクであると考えるべきだと僕は思います。

 

自分の力で老後資金を確保しておくことで

リスクヘッジにもなりますし、生活や気持ち的にも余裕が生まれることになるので

まだ資産運用をしていないよ。

って方は最低限の知識武装をしたうえで挑戦してみてもよいのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)

おとふみブログ トップへ戻る

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード