【実践】銘柄の分析・選び方

株初心者のための銘柄の選び方!【初心者必見】

株式投資 銘柄

 

株初心者のための銘柄の選び方!【初心者必見】

この記事は

・株式投資において、どのように銘柄を選べばよいのかわからない方

・株式投資をおこなう目的が定まっていない方

・株初心者の方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『株の銘柄ってどうやって選べばいいの?』

『どんな運用の仕方をすればよいのかわからない…』

そういった方を対象に

 

この銘柄が絶対良い!といった話しはできません

銘柄を選ぶ為の目的や方法について解説していこうかな。

と思います。

 

そもそも、あなたが

『いくらの資金があって、投資方法はこれで、いつまでにいくら稼ぎたいです。』

みたいな事が一通りわからないとアドバイスってできないと思うんですよ。

 

なので、ここでは

株初心者の方なら、こうやって銘柄を選ぶと良いと思います。参考にしてください。

といったスタンスで解説をすすめていきますね。

解説内容

・銘柄の選び方に絶対はない!

・投資の目的・方法によって銘柄選定は違う

・株初心者の方の銘柄の選び方【おすすめ】

 

この記事でわかること

この記事を読むことで、銘柄を選ぶ前に

『どんな目的で、どんな方法で株式投資を行うのか』決めておく必要があることがわかります。

まだ、はじめたばかりで『そんなこと考えたこともないよ。』という方に最適な銘柄の選び方も紹介します。

銘柄の選び方に絶対はない!

どうやって銘柄を選べばいいですか?
  この数字が○○以上の銘柄を選べば大丈夫だよ!

この銘柄を買っておけば必ず儲かるよ!

このようなことは一概には言えません!詐欺にも注意!

 

銘柄の選び方に『絶対』という言葉はないと思っています。

銘柄を選ぶことにおいて

・この選び方が絶対正しい!

・ここに投資すれば絶対儲かる!

・今はこの銘柄に投資するのは間違っている!

このように言い切ることはできません。

なぜ、僕がこう思うのか

この後、順番に解説していきます。

 

投資の目的・方法によって銘柄選定は違う

株初心者

『あなたが株をやる目的はなんですか?』

 

この問いを 株をしている方に聞きまわったら

いろんな答えが返ってくると思います。

ある人は、『デイトレードで毎日稼ぎたい!』

またある人は、『積み立て投資で老後資金を確保したい。』

証券会社

といったように人によって目的と方法というのは違ってきます。

 

大きく分けると

『配当・優待が目的』『売買差益が目的』『長期的な資産形成が目的』

の3つにわけられます。

・この会社でよく買い物するんだよね~。配当金と株主優待の商品券があるとお得だな♪

 →『配当・優待が目的』

・株の取引に慣れてきたぞ!短期間で大きく利益を狙ってみよう!

 →『売買差益が目的』

投資 女性

・コツコツ株を積み立てるぞ!将来が楽しみだな~!

 →『長期的な資産形成が目的』

NISA

このような感じですね。

投資の目的は人それぞれなのです。

投資の目的と投資の方法を掛け合わせて考えると数千通りの投資方法が生まれます。

なので

基本的にはみんな投資方法は違っていて、人それぞれ最適な銘柄の選び方があるのではないかな。

と僕は思います。

しかし、ざっくりと分けると

先ほどの3通りになると思うので

それぞれについて、もう少し深く解説していきますね。

 

配当金や株主優待が目的

企業と投資

<配当金や株主優待を目的にするのがおすすめな方>

・毎日の株価チェックがめんどくさい方

・不労所得を築きあげたい方

・日々の生活をちょっぴりお得に過ごしたい方

<銘柄の選び方>

配当金や株主優待を目的とし、株式を売買、または保有する場合は

『ファンダメンタル分析』 をおこない、投資先企業について詳しく調べ、銘柄を絞り込むことになります。

株式を保有するわけですから、その会社の業績の推移や今後の動向を調べておく必要があります。

長い目で見て成長(株価が上がる)しそうな企業を選ぶことができれば

数十年後、富裕層の仲間入りを果たすかもしれませんね!

あわせて

配当利回り、配当金の支給は年何回なのか。株主優待は何があるのか。

確認しておきましょう。

配当や優待は『権利付最終日』に株を保有している必要があります。

銘柄によって日付は変わってくるので、買いたい銘柄の『権利付最終日』については確認しておく必要があります。

それに合わせて株を売買するのも一つの方法ですね。

注意としては

今後衰退していきそうな業種や銘柄を選んでしまうと思うような成果が得られない可能性もあります。

企業の倒産だけはどうしても避けたいところです。

分散投資などである程度リスクをコントロールしながら運用していきましょう。

 

短期売買における売買差益が目的

<短期の売買差益が目的がおすすめな人>

・多少大変でも、大きく稼ぎたい方

・長期で株を保有することが怖い方(倒産リスク)

・毎月収入として利益が欲しい方

<銘柄の選び方>

デイトレード、スイングトレードなどの短期売買で、売買差益による利益を狙う場合は

『テクニカル分析』 をおこない、投資先企業を絞り込み、売買のタイミングを見極めます。

テクニカル分析を行う銘柄の絞り込みは、『ファンダメンタル分析』 をつかって行うと、より根拠の深い取引きをすることができます。)

利益を出すためには、自分なりの取引きルールや判断基準をしっかり決めたうえで銘柄を選定することが重要になります。

<おとふみ的アドバイス>

おとふみはスイングトレードを主として行っています。

僕は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析で自分に合う銘柄を100銘柄に絞り込み、毎日チャート画面のチェックは行うようにしています。

株初心者うちは、2~3つ自分が監視する銘柄を選んで、『明日は上がるな』 『一旦下がったけど反発するな』 など自分なりに仮説をたて、予想しながら日々の値動きを監視すると、いろんな発見があると思いますよ!それだけでも相場を読む力は養えます。実際に株を買わなくてもできるので、練習でやってみたら良いと思いますよ。

おとふみ

ちなみに

取引きする時間軸が短いほど、株の技術というのは必要になってきます。

銘柄を選ぶこともそうですが、売買するタイミングを見極めることの方が重要になってきます。

 

長期的な資産形成が目的

増えるお金

<長期的な資産形成がおすすめな人>

・老後資金を確保したい人

・貯金感覚で資産を形成したい人

・日々の値動きをいちいち気にしたくない人

<銘柄の選び方>

株式投資で個別株の分散投資でも可能なんですが、

株初心者の方にはインデックス投資の方が個人的にはおすすめです。

おとふみ

個別株とインデックスファンド、それぞれメリットデメリットがあるのですが

ここでは解説すると長くなるので割愛します。

(インデックス投資についての記事は準備中です)

 

個別株の選び方に限定して解説すると

株の定期積立をすることになり、長期で株式を保有することになるので

『配当・優待目的』の銘柄の選び方と類似します。

 

『ファンダメンタル分析』 をおこない、投資先企業について詳しく調べ、銘柄を絞り込むことになります。

企業の業績の推移や今後の動向を調べ、長い目で見て成長(株価が上がる)しそうな企業を選ばなければなりません。

先ほども言いましたが

今後衰退していきそうな業種や銘柄を選んでしまうと思うような成果が得られない可能性もあり、企業の倒産だけはどうしても避けたいところです。

ある銘柄でずっと株を買い続けていたのに、

ある日、その銘柄が『暴落』『倒産』などになってしまっては今まで積み上げてきたものが崩れ去ることになってしまいます。

そこで

分散投資でリスクを減らす運用方法がおすすめだな。

と僕は思います。

 

先ほどチラっと紹介したインデックスファンド

「日経平均株価」「TOPIX(東証株価指数)」というような

株価指数と同じ動きをする投信信託のことです。

もちろん、日本だけではなく、海外株式のインデックスファンドもあります。

このインデックスファンドに投資することで、一つの銘柄ではなく、複数の銘柄に投資していることと同じ状態になるのでリスクを減らすことができます。

全世界的に見れば株価は成長していく可能性が極めて高いので

長期で保有するにしても比較的「安心」だと言えると思います。

詳しくはこちらの記事で解説しますね↓

 

投資の目的~小まとめ~

企業と投資

ざっくりと

『配当・優待が目的』『売買差益が目的』『長期的な資産形成が目的』

について解説しました。

どんな目的で投資するのかは人それぞれであり、

同じ相場の局面であっても、株を買いたい人と売りたい人が同時に存在する理由も、この目的の違いが大きく影響しています。

株初心者の方は

まずは、この3つの目的のうち

『あなたはどの方向性で株式投資をはじめるのか』

決めておきたいですね。

一番簡単なのは、『長期的な資産形成』だと思います。

決めてしまえば、毎月、定額で積み立てていくだけでよいので、株初心者の方でもはじめやすいと思います。

個人的には、『売買差益』に挑戦することで

「株式投資のスキル」「リスクコントロールの本質」という部分が学べるので、

株初心者の方には少し大変かもしれませんが、挑戦する価値はあると思いますよ。

 

ただし、大きく損失を出しやすいのも、この『売買差益が目的』の場合なので注意です。

このブログでも色々と株の基礎や初心者の方が極力大きな損失を被らないように情報を発信しています。

『株式投資の基礎 シリーズ』など読み、株初心者の方の損失を極力減らす方法や知識を学んでから方向性を決めても良いと思います。

 

 

株初心者の方の銘柄の選び方【おすすめ】

東証一部上場企業だけでも2000以上の企業がある中で

株初心者の方が銘柄を絞り込むのは簡単なことではありませんよね。

 

『どれを選べばいいんだ!?』

困った男性

こうなってしまいますよね。

 

そこで、株初心者のあなたに合う銘柄を見つける為の考え方を紹介します。

 

普段から利用している企業を選ぶ

企業とお店 

まず最初に

 株初心者の方が、まったく知らない企業にいきなり投資するのはおすすめできません。

 

<理由> 

・株初心者は、まだ企業の『ファンダメンタル分析』や『テクニカル分析』について理解できていない…はず。

 ・株初心者がまったく知らない会社、業種に投資すると、どういったニュースがポジティブまたはネガティブに働くか判断できませんし、情報収集も大変。

SBI証券口座開設不安

なので、

 自分が普段から利用している企業や株主優待が利用できる企業から銘柄を選ぶと良いです。

 

 例えば、

株初心者の方でも普段からイオンで買い物をよくするよ!

 という方なら、イオン(銘柄コード:8267)の情報収集は比較的簡単で、苦にもならないと思います

普段から利用していればイオンの企業活動がわかると思いますし、

「イオンが新しく○○サービスを始めるみたい。」

こういった情報も株価に影響を与える可能性は十分にありますよ。

 

また、イオンの株主優待は 『優待カード』 の発行です。100株保有するだけでも普段の買い物から3%引かれた金額で買い物することができます。

(注意:半期100万円までの買い物金額に対しての割引)

とってもお得ですよね!

 

普段からイオンを利用する方が、イオン株を保有するメリットが大きいことがわかりますよね!

お財布 主婦

 このような考え方で、

 自分の生活に関わりのある企業や製品から銘柄を選ぶことで、普段から情報収集が容易であり 株価の動きを予測しやすくなります。

自分が詳しい得意な分野・業種があるのなら、そういった業種に投資するのも良いですね。

 

さらに、株主優待がお得に利用できるのであれば、

あなたにピッタリの銘柄だと思いませんか?

(短期売買で利益を狙っている方は株主優待は無視してもらって大丈夫です。)

 

 あえて、株初心者の方がまったく知らない馴染みのない業種に手を出すことに、なんのメリットもありません。

 知らない馴染みのない業種に手を出すのは、ある程度株式投資に慣れてからにする方が良いと思います。

 

自分の得意な業界の銘柄を選ぶ

 

自分が得意な分野はありませんか?

頑張る男性

もし無かったとしても、

自分が働いている会社の業界については詳しいのではありませんか?

 

自分が詳しい業界であれば、その業界について勉強する手間もかかりませんし、勉強すると本業・株のどちらにも活かせる可能性もあります。

 

そういった業界から銘柄を選ぶと、情報面では非常に有利だと思います。

・自分の業界に対する為替の影響はどの程度なのか。

・自分の業界の 今後の動向はどうなのか。

・自分の業界に政府からの補助金等の優遇措置はあるのか。

株初心者であっても、こういった情報はあえて勉強しなくてもわかると思いますし、最新の情報も入手しやすいですよね。

 

自分が有利に立てる業界があるのなら、そこから銘柄を選ぶとメリットが大きいですよね。

 

ただし!

インサイダー取引には注意!

<インサイダー取引>

自分の仕事で公開前の内部情報を入手し、それを用いて株の売買を行うことです。代表的な不公正取引にあてはまり、法律で罰せられます。

~例~

自分の会社の株を持っていたとして 

「うちの会社近々倒産する」

という 公開前の内部情報であるこの事実を知り、あわてて株を売るとインサイダー取引にあてはまります。法律で罰せられることになってしまいます。

自分の仕事に関連している場合、インサイダー取引にならないように事前確認を行うなど十分に注意してくださいね。

 

株初心者のための銘柄の選び方!~まとめ~

株式投資 銘柄

・銘柄の選び方に絶対はない!

・投資の目的・方法によって銘柄選定は違う

・株初心者の方の銘柄の選び方【おすすめ】

こういった内容で解説しました。

 

<銘柄の選び方に絶対はない!>

 

人それぞれ、投資の目的・投資の方法が違うので

一概にこれが良いよ!

ということはできません。

 

売買タイミングは短期目線なのか長期目線なのかによっても大きく違ってくることもあります。

僕の主観的な話しですが、銘柄選定、売買タイミングについて『絶対』という言葉はないと思っておいた方が良いと思います。

 

<投資の目的・方法によって銘柄選定は違う>

・配当・優待が目的

・売買差益が目的

・長期的な資産形成が目的

この3つの目的について解説しました。

(それぞれの解説についてはこの記事をさかのぼって確認してください。)

投資の目的は人それぞれであり、

同じ相場の局面であっても、株を買いたい人と売りたい人が同時に存在する理由も、この目的の違いが大きく影響しています。

株初心者の方は

まずは、この3つの目的のうち

『あなたはどの方向性で株式投資をはじめるのか』

決めておきましょう!

投資する男性

決めておくことで、今後あなたが学ぶべき学習内容も大きく縮小されますし、銘柄の選定も行いやすくなるはずです。

このブログでも色々と株の基礎や初心者の方が極力大きな損失を被らないように情報を発信しています。

『株式投資の基礎 シリーズ』など読み、株初心者の方の損失を極力減らす方法や知識を学んでから方向性を決めるのも良いと思います。

 

<株初心者の方の銘柄の選び方【おすすめ】>

・普段から利用している企業を選ぶ

・自分の得意な業界の銘柄を選ぶ

・インサイダー取引に注意

こういった内容で解説しました。

株初心者の方が、まったく知らない企業にいきなり投資するのはおすすめできません。

 

ということで

 

イオンを例に、自分が普段から利用している企業の株を選ぶメリットを紹介しました。

紹介したメリットをまとめると

・その企業の情報収集が比較的容易株価の値動きの予測がしやすい。

・多少の愛着ってのはあると思うので、難しい情報収集も苦になりにくい。

・株主優待をつかって、お得に利用できる。

こういった感じですね。

合わせて

自分の得意な業界の銘柄を選べば、情報面では非常に有利になります。

・自分の業界に対する為替の影響はどの程度なのか。

・自分の業界の 今後の動向はどうなのか。

・自分の業界に政府からの補助金等の優遇措置はあるのか。

こういった情報は手に入りやすく、株の売買時に大きく参考になりますよね。

 

と解説しました。

しかし、

公開前の情報を利用して株の売買を行うことは

インサイダー取引に該当し、法律で罰せられることになるので、

事前確認を行うなど十分に注意してください。

以上です!

 

初心者の方の銘柄選びの参考になれば大変うれしく思います(^^)

 

ただ、

『株初心者が、はじめて株の売買を行うならこれがいいよ!』

って銘柄を指定してほしい方もいるかもしれないので、

近いうちに、記事を書こうと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!ヽ(^o^)丿

おとふみブログ トップへ戻る

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード