【実践】銘柄の分析・選び方

その株でいいの?!おさえておきたい四季報の読み方!【初心者必見】

会社 四季報

 

その株でいいの?!おさえておきたい四季報の読み方!【初心者必見】

この記事は

・株を選ぶとき、四季報の何を見ればいいのかわからない方

・『ファンダメンタル分析』の一つである四季報の読み方を知りたい方

・株式投資初心者の方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『株を選ぶために、四季報の読み方が知りたいな~!』

『ファンダメンタル分析における、会社の業績ってどう見ればいいの?』

困った男性

そういった方を対象に

 

四季報の読み方を初心者向けにポイントを絞って解説していこうかなぁ。

と思います。

 

四季報を見た事ある人ならわかると思いますが

文字数字ばかりで

『…見るのや~めた。』

てなってしまいそうになりますよね。

 

なんでそうなるのかと言うと

読み方がわからず、

見ても何もわかんないし、つまんない からです(笑)

そこで、文字と数字から

どうやって、何を読み取ればいいのか。

初心者が知っておきたいポイントを抑えて解説していきます!

僕がよく使う『SBI証券』の四季報の画面をつかって解説していこうと思うのでご了承ください。

解説内容

・会社四季報の読み方

・テクニカル分析で株を買うタイミングを見極めよう!

 

この記事でわかること

この記事を読むことで、

『つまらない』と思っていた会社四季報から多くの情報が読み取れることがわかります。

四季報の読み方がわかることで、良い銘柄を探しやすくなります。株式投資においては一つの武器になりますね!

知っておいて損することはないので、ぜひ今日は『四季報の読み方』知ってみてください。

会社四季報の読み方

こんな文字ばかり…眠くなっちゃうよ!
全部見ようとせずに、自分が必要だと思う情報だけ読み取りましょう。

ただ、なんとなく四季報を開き、順番に読んでいっても

?マーク ばかり浮かんでしまうと思うので

『ここは見た方が良いよ!』

というポイント解説していきますね。

冒頭で言いましたが、使用する画像はSBI証券のPC画面です。

SBI証券ではない方も、もちろんいらっしゃると思いますが、

表示方法が違うだけだと思いますので、参考にはなると思います。

 

それでは、

SBI証券の『個別銘柄画面』『四季報』をクリックすると

『企業概要』『財務状況』『資本移動』

の三項目が表示されると思います。

このうち、最低限抑えておきたいのは

『企業概要』『財務状況』です。

この2つの項目において、見るべきところを解説していきますね。

 

『企業概要』の読み方

僕の好きな『丸亀製麺』

その親会社『トリドールホールディングス』の画面を使って解説します。

 

個別銘柄画面を開き『企業概要』をクリックすると、このような画面が開きます。

会社四季報

ここはまだ、何が書いてあるのか読み取りやすいかもしれませんね!

 

ここで見たいのは赤枠内

・特色

・連結事業

・最終赤字~業種

(これにおいては、選んだ銘柄の業種によって、書いてある内容は変わります。詳しくは後ほど解説します。)

なので、この3つについて解説していきますね!

 

【特色】で事業内容を確認しよう!

別の記事でも解説したかもしれませんが

買いたい株が『どんな会社で、どんな事業を行っているのか』知っておきましょう。

という話しをしました。

なぜか、って部分なんですけど

知っておかなければそもそも情報収集はできません。

 

どんなニュースが良い影響を与えるのか…

どんなニュースが悪い影響を与えるのか…

まったく想像つきませんよね?

『トリドールホールディングス』で例をあげれば

「丸亀製麺が海外に店舗増やすみたいだよ!」

ってニュースが出ても

ポカン…

ですよね。

知っていれば

『あっ、トリドールホールディングスの株価に影響出るかな!?』

初心者なりにも連想することができます。

知っておくほうが良いですよね?

 

もう一つ大切なことがあって

それは、『海外展開の有無』です!

海外展開をしていて、

『海外の事業からの収益が大きい場合』『海外から原料など輸入している場合』

それにどの程度頼っているのか

にもよりますが

『為替の影響』を大きく受けるかもしれません。

為替

【特色】と【連結事業】(この後解説します)

を組み合わせて読むことで海外展開の有無や海外事業からの収益の割合といったことも確認できるようになります。

慣れればチラ見くらいでいけるようになりますよ(笑)

 

 

【連結事業】で主力事業を把握しよう!

【連結事業】の読み方を解説します。

ここでは、会社の主力事業がなんなのかわかります。

会社四季報2

僕の好きな『トリドールホールディングス』で言えば

「丸亀製麺61、カフェ3、豚屋とん一2、海外21、他12」

と書かれています。

これの読み方なんですが

全体の売り上げに対しての割合をあらわしています。

企業と投資

なので『トリドールホールディングス』において

「丸亀製麺」売り上げの61%を担う事業であり、「重要度が高い」と読み取ることができます。

売り上げの3%カフェのニュースよりも

61%を占める丸亀製麺のニュースの方が影響は大きくなりますよね。

という話しです。

【連結事業】の読み方を知ったあなたなら

日ごろのニュースから自分に必要な情報を読み取ることが少しづつできるようになっていくはずです。

企業の主力事業については把握しておきましょう!

 

【最終赤字】~【業種】で今後の展開や成長性を考えよう!

大企業

この項目は業種や状況によって書いてあることが変わります。

「トリドールホールディングス」ではこうなっていますが、

例えば「パナソニック」であれば

【続落】【出資】【業種】の三項目になっています。

このように銘柄によって記載内容は違います。

 

前提の話しはこれくらいにして、

『この項目から何が読み取れるのか』

なんですけど

 

企業の今後の展開を考える材料になります!

 

文章としては短いですが、簡潔に必要な情報がまとめられています。

先ほどの主力事業との関係性を考えたり

どうやって収益を伸ばしていくのか。

または、その事業は今後も需要が拡大していくのか。

大幅減益にどう対処していくのか。

などについて考えます。

業績上がる企業

しかし、慣れないと難しい部分ではありますが

ここで判断したいのはこの3つです。

・長期投資できる銘柄

・短期投資が良い銘柄

・投資できない銘柄

『増収が続き、今後も成長が期待できそうだ!』

といった銘柄であれば長期投資』が良いと思います。

反対に

『ん~、なんか微妙…長期で株を持つのはキケンかもしれないな…。』

と判断するのであれば短期投資にする方が良いと思います。

 

あなたなりに

ここには投資したくない!

と思うのであれば見送ればよいでしょう。

 

このように、今後の展開や成長性を考え、銘柄をふるいにかける事ができます。

あなたが短期投資をメインとするのであれば、そこまで深く今後の成長性について考える必要はありませんが、「長期投資」を考えているのであればしっかりと考えたうえで投資判断を行ってくださいね。

 

『財務状況』の読み方

引き続き『トリドールホールディングス』の画面を使って解説しますね!(笑)

個別銘柄が面を開き『財務状況』をクリックすると、このような画面が開きます。

四季報

ここは、キライな人が多いかもしれません…

よくわからん略字 と 数字 ばっかりです!

読み方がわからなければ

ポチっ と画面を消したくなる気持ちはわかります(笑)

なので『略字の読み方』も含めたうえで

・【業績】

について解説していきますね!

 

【業績】で企業の業績の推移を確認しよう!

株式投資の基礎では、

『企業の業績が株価に大きく影響を与える』と解説しました。

この画面から、

企業の業績は実際にどうなのか

見てみましょう!

財務諸表

まずは見てわかるように

『売上高』『営業利益』『経常利益』『純利益』

の4つがあります。

各項目の詳しい解説は、ここですると長くなっちゃうので

別の記事にまとめます。

その各項目の利益が順調に上がっているのか確認します。

この画像で『売上高』に関して言えば

16.3(2016年の3月の本決算のデータ)は 「95.587」

20.3(2020年の3月の本決算のデータ)は 「156.478」

となっており

その間。どの年も順調に利益を伸ばしています。

(ちなみに、「21.3予」「22.3予」と表示されているものは「四季報の予想」です。また、「会21.3予」というのは「会社の予想」です。参考までに。)

順調に業績を伸ばしている会社はこのようになります。

 

逆に

この数字の浮き沈みが激しかったり、

年々縮小傾向だと、

「長期投資はキケン」だと判断することができます。

 

しかし、この画面…見ていられますか?(笑)

 

そもそも数字を見るのがキライな方って 多いと思うんですよね~。

困った男性

そんな方は「グラフで確認しましょう!」

 

SBI証券のPC版なら、四季報の横に「業績」があるはずです。

そこをクリックし、下へスクロールしていくと

このようなグラフが表示されています。

業績グラフ

このように視覚的に確認する事できますよ!

こっちの方がわかりやすいですよね!

一目で業績の推移がわかります。

 

ちなみに『SBI証券』の株アプリなら

スマホ 業績

このような画面で表示されます。

このアプリでも、四季報やニュースなど銘柄選定に必要な情報を見る事ができます。

おまけに銘柄のスクリーニングも可能です。

スマホだけでも十分銘柄選定可能なので、スマホメインで株を取引きする方のには

SBI証券の株アプリはおすすめですよ。

 

少し話しを戻します。

 

『売上高』『営業利益』『経常利益』『純利益』

この4つの読み方は

順調に伸びているのか確認してください。

業績上がる企業

ということでわかってもらえたかな。

と思います。

 

次に、

その横に『1株益』という項目がないですか?

この『1株益』も合わせて確認しておくと良いと思います。

こちらの記事で

個人投資家にできるファンダメンタル分析手法!【PER・PBR・ROE】

『PER』について解説したのですが、『PER』を算出するために『1株益』の数字は必要になります。

実際に算出し、他の指標も組み合わせて検討してみましょう。

計算方法や基準値についても解説してありますので。

 

他にも確認しておきたいポイントとして

・キャッシュフロー

・自己資本金比率

などあるのですが

ここでは最低限なので、別の記事で解説することにします。

このページにすべて詰めると大変な事になりそうです…。

 

まぁ、これよりも次の「買い時の判断」の方が大切です!

 

買うタイミングの判断はテクニカル分析!

株価 チャート

これも大切なことなので

長くなってしまいましたが、サラサラっと解説させてください。

 

ここまでで、

『投資しても良いかな♪』

投資 女性

という銘柄はいくつか絞る事ができると思います。

 

しかし、今すぐに株を買う!

といことはせず、一旦チャートを見てみましょう。

・株が買われすぎている…!そろそろ下がるかな?

・もう少し待って、安いところで株を買おう!

など

チャートから今後の株価の値動きを予測し、『自分が株を買うタイミング』ってのを見極めなければなりません。

トリドールホールディングス チャート

トリドールホールディングスのチャートです。

このチャートを見て、

『今、株を買いますか?』

と聞かれれば、僕であれば『NO』です。

僕の場合はスウィングトレードであり、短期目線だと言うこともありますけどね。

テクニカル分析については

詳しく記事を書く予定なので、今しばらくお待ちください。

というわけでまとめです。

 

おさえておきたい四季報の読み方!~まとめ~

会社 四季報

・会社四季報の読み方

・テクニカル分析で株を買うタイミングを見極めよう!

こういった内容で解説しました。

 

<会社四季報の読み方>

【企業概要】

・特色

・連結事業

・最終赤字~業種など

について解説しました。

ここでは

その会社は何をしているのか。

その会社の主力事業はなんなのか。

そして

その会社の今後の展開を考える材料はなにがあるのか。

こういったものを読み取ってください。

という話しをしました。

情報収集を行ううえでも、「為替の影響」を考えるためにも、

その業界の方向性を見極める為にも

最低限必要な情報だと思います。

銘柄選定の時くらいは確認するようにしましょうね。

 

【財務状況】

財務状況に関しては【業績】の読み方について解説しました。

基本的には

『順調に収益が伸びてきている銘柄』『収益が伸びていきそうな銘柄』

を探しましょう。

と解説しました。

四季報の数字を見るのが苦手な方は

グラフで視覚的に判断するのもアリです。

全体の傾向がつかめればとりあえずOKです。

なお

指標【PER・PBR・ROE】の判断については

別の記事で確認してくださいね。

<買うタイミングの判断はテクニカル分析!>

『良い銘柄を見つけました!』

では

その後にやるべきことはテクニカル分析です。

 

『割安だからすぐに株を買おう!』

と端的に捉えるのではなく

戦略的にエントリーのタイミングを見極めましょう!

パソコン株

どうせなら、下がりやすい場面で株を買うよりも、上がりやすい場面で株をかいたいですよね。

思わぬ損失を防ぐ為にも、最後は必ずテクニカル分析を行いましょう!

 

今回は以上の内容になります!

最低限おさえておきたいポイントを解説しましたがどうでしたか?

難しく感じた方は、焦らず一つ一つ読み方を理解していけば良いと思います。

ちなみに僕は四季報を頻繁に見る。ってことはありません。

自分が投資したい銘柄を選定するときだけです。

初心者の方であれば、得意な業界から3つくらい良い銘柄を探し

取引きの練習をするのがおすすめです。

おとふみ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)

おとふみブログ トップへ戻る

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード