【実践】銘柄の分析・選び方

【必須】ローソク足の読み方!株をするなら知っておこう!

ローソク足の読み方

 

【必須】ローソク足の読み方!株をするなら知っておこう!

この記事は

・『ローソク足』とはなんなのか知りたい方

・『ローソク足』の読み方を知り、自分の取引きに生かしたい方

・株式投資初心者で短期投資を行いたい方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『ローソク足』の読み方について解説します!

 

『ローソク足からどんな情報が読み取れるの?』

『ローソク足の読み方がわかったらどんないい事があるの?』

こういった方を対象に

 

ローソク足の 読み方 と 実践での活用の仕方 

について解説していこうかなぁ。

と思います。

 

株式投資 というと

まずはこんなチャートを思い浮かべませんか?

このチャートを構成している一つ一つの棒が『ローソク足』です。

 

なんとなく全体の流れを見ているだけの人もいるかもしれませんが

ローソク足の読み方を知ることで

読み取れる情報量は大きく変わってきます。

 

今回の『ローソク足の読み方』

今後、解説予定の『チャートの読み方』を掛け合わせることで

株式投資の世界で生き残る為の強力な武器になると思います。

解説内容

・ローソク足の基本的な読み方

・連続するローソク足からトレンドを読み取る

・実際のチャートで見てみよう!

 

この記事でわかること

この記事を読むことで、

『ローソク足の読み方』がわかります。

ローソク足の読み方をしっかり知らないまま投資している人、実は結構いるんです。

ローソク足の読み方をマスターすることで、チャート画面から読み取ることのできる情報が増えます。取引きの判断に生かせる事がきっと増えると思います。

株式投資の世界で戦うための武器を身につけましょう!

ローソク足の基本的な読み方

ローソク足を見ると、何がわかるの?
おとふみ
おとふみ
ローソク足の色と形状から「始値」「終値」「高値」「安値」といった情報が視覚的に読み取れるよ!

 

ローソク足の『色』で 『終値は始値よりも上昇したのか、下落したのか』といった事がわかります。

・上昇したのであれば『陽線』(一般的に白抜き)

・下落したのであれば『陰線』(一般的に黒塗り)

で表しています。

 

ただ、表現に使う色わけは証券会社によって若干違うことがありますので確認してくださいね。

 

それから、このローソク足の形状の読み方は図で解説しますね!

 

ローソク足の読み方

 

こういった感じです。

 

実体の上下のラインで『始値』『終値』が確認できます。

実体から伸びているヒゲの先端から『安値』『高値』を読み取る事ができます。

 

この一本のローソク足にどれだけの情報を詰め込むかは

どの時間軸でローソク足チャートを見るかです。

・『日足チャート』:一日の値動きを一本のローソク足で確認

・『週足チャート』:一週間の値動きを一本のローソク足で確認

・『月足チャート』:1カ月の値動きを一本のローソク足で確認

このような感じですね。

 

ここから先の解説は『日足チャート』として解説していきます。

時間軸が変わるだけで、読み方は基本的に変わらないので。

 

日足チャートにおける、各単語の意味を解説しておきます。

・始値 : 前場寄り付きで、最初に取引きされた値段

・終値 : 後場大引けで、その日の最後に取引きされた値段

・高値 : 取引時間中(ザラ場)で一番高かった値段

・安値 : 取引時間中(ザラ場)で一番安かった値段

を表しています。

前場、後場、引けなどの単語がわからない場合は、こちらの記事で解説しています。

ローソク足が『陽線』になるのか『陰線』になるのか。

といった部分は

『始値』に対して、『終値』が上がったのか、下がったのかで決まります。

 

『前日よりも株価が上がっているのになんで陰線なんだろう…。』

そう思っていた人もいるのではないですか?

 

前日の終値から、値段がとんで始値がついた場合 

そこから株価が少し下がれば『陰線』になる。

ということです。

 

実体から伸びる『ヒゲ』からは

ザラ場でどんな値動きをして、現在に至るのか読み取る事ができます。

 

例えば

こんなローソク足があったとすれば

ローソク足寄り付きから、一旦値は下げたものの 持ち直して上昇に転じた!

と読み取る事ができます。

おとふみ

(ローソク足の形状によっては、前場と後場のどちらで高値、安値をつけたのか判別できないパターンもあります。)

 

その日の『買い勢』『売り勢』力のバランスが読み取れますね!

 

このように、一本一本にその日の値動きの情報を詰め込んだものが『ローソク足』で、

それを時系列で並べたものが『日足チャート』となります。

ローソク足の基本的な読み方はこんなところですかね。

次は、ローソク足の形状から、売りと買いの力のバランスを読み取ってみましょう!

 

ローソク足から読み取れる情報の活用方法!

ローソク足の基本的な読み方はわかったと思うので、

次は、ローソク足の形状や並び』 といったものから

さらに情報を読み取れるようになりましょう!

 

ここではこの3点について解説していこうと思います。

・ローソク足単体から買いと売りの攻防を読み取る

・連続するローソク足からトレンドを読み取る

・実際のチャートで見てみよう!

 

ローソク足単体から買いと売りの攻防を読み取る

 

ここでは

一本のローソク足から、何が読み取れるのか。

といった部分を解説します。

ローソク足 8パターン

一般的に

①に近いほど、上昇しようという動きが強く

⑧に近いほど、下落しようという動きが強いです。

 

①の大陽線であれば

一日を通して、上昇を続け「終値」が『高値』となっているので、『上昇の勢いは非常に強い』です。

下落からの反発を読み取ったり、上昇トレンドの強さを見極めたりします。

⑧の大陰線はその逆だと思っておいてください。

注意としては、高値圏でこの『大陰線』が出現すると、その後大きく下げに転じる事が多いです。

 

②の陽線の下ヒゲの場合は

ザラ場中、一回値を下げたものの、

安値付近で大きく買われて上昇し、「大引けで高値」となったパターンです。

こちらも『上昇の勢いは強い』です。

 

⑥の陰線の下ヒゲの場合は

下げているものの、「安値」付近で買われ、値を戻しています。

この値段なら「買いだな」と判断する人が増えてきていると言う事なので

上昇に転じる可能性』が出てきます。

 

③の陽線の上ヒゲの場合は

値を上げているものの、「売る人が増えてきている」と捉える事ができます。

上昇しようという動きが弱まり、翌日に下落へ反転となる場合もあります。

上値に抵抗!?』みたいな感じで見ておきましょう。

 

⑦の陰線の上ヒゲの場合は

下落の勢いがまだまだ強いです。

ザラ場中、一度は値を上げたものの 後場にかけて大きく下げている。という事なので。

この上ヒゲが長いほど、『上値の抵抗が強く上昇に転じにくい』です。

 

このように、

ローソク足一本からでも情報が読み取れることがわかりましたね!

おとふみ

ローソク足を見て、日中の値動きを想像できるようになれると良いと思います。

 

しかし、ローソク足一本での分析では根拠が低すぎるので、

ローソク足の並びも含めて分析することで

分析の精度が上がります。

 

というわけで、連続するローソク足からトレンドを読み取る方法を見てみましょう。

 

連続するローソク足からトレンドを読み取る

ローソク足を組み合わせることで

先ほどよりも精度の高い分析をすることができます。

 

ここでは、

①上昇トレンド

②下降トレンド

③底値からの反発サイン

④高値からの反発サイン

の4つを紹介します!

ローソク足のサイン

 

このようなローソク足の並びから『トレンドの強さ』や『反発のサイン』を読み取る事ができます。

 

これは代表的な4種になります。

 

しかし、『必ずしも上昇する!反転する!』 ということを保障するサインではありません!

あくまで

『こうなる確率は高いよね?』

という感じです。

 

例えば、

『明けの明星』が出現し、買いで10回エントリーしたとしたら

「そのうちの半分と少しくらいは上昇に転じて利益をとれるかも…」

投資 女性

という感じですかね。

 

株式投資は勝率5割だったとしても十分に利益は狙えるので、使えるサインだと思います。

この他にも、「トレンド判定の方法」「反転サイン」「このサイン後はこんな動きになりやすい!」といった、たくさんの方法が存在しますが

 

100%機能するサインというのは無い。

という事は理解しておきましょう!

 

慣れてきたら、『自分だけのサイン』というものを見つけるのも楽しいですよ!

おとふみ

何度も何度も取引きしているうちに

『このパターンでエントリーすると勝率高いなぁ~。』

そう思うことも出てくるでしょう。

 

それまでは、

ここで紹介したサインであったり、書籍やWEB上で紹介されているサインを実際に使ってみる。

そういった事からはじめると良いと思います。

 

実際のチャートで見てみよう!

実際のチャートに上昇トレンドの『赤三瓶』出現直後にエントリーした場合を見てみましょう!

ローソク足の読み方 日興証券

僕が赤三瓶をあてはめた場合

緑の丸がつけてある4か所です。

 

4回エントリーして、その後も上昇を続けたのは半分の2回です。

勝率は5割となりました。

 

しかし、

チャートをよく見ると

「青色の20日線」から離れているときに出現した『赤三瓶』は信頼度が薄い。

という事がわかりますよね?(×がついているヤツです。)

 

利益につながっているのは、「20線近辺でのサイン」「60日線近辺で発生したサイン」でした。

 

という事は

『信頼度の薄いサインではエントリーをしない。』

と決めてしまえば、同じサインを使って取引きしていたとしても、勝率を上げる事ができるということです。

おとふみ

今回のパターンはほんの1例なので、

こうすれば株式投資で利益を狙えますよ!といったものではありませんが、

 

考え方としては使えると思います。

 

その為には、

ここで紹介した『ローソク足の読み方』を覚える必要がありますし、そのうち投稿する『テクニカル分析』についての記事も是非読んで頂きたいと思います。

 

「自分なりにチャートとにらめっこしながら分析する。」というのは大切なことだと言うことがみなさんに伝わればうれしいです。

 

ローソク足の読み方!株をするなら必須科目!~まとめ~

株価 チャート

・ローソク足の基本的な読み方

・連続するローソク足からトレンドを読み取る

・実際のチャートで見てみよう!

この3つについて解説しました。

 

<ローソク足の基本的な読み方>

ローソク足の基本的な読み方

ローソク足1本からでも多くの情報が読み取れますよ。

といったことを解説しました。

 

ローソク足をパッと見て、その日一日がどんな相場だったのか

しっかりイメージできるようになるには、この基本の読み方をまずはマスターしなければなりません。

『前場』、『後場』などの単語がわからなかった人は、このブログの『株式投資の基礎シリーズ』を読んでみてくださいね!

 

<連続するローソク足からトレンドを読み取る>

ローソク足1本から情報を読み取れるようになったら

より分析の精度を上げるために

連続する(ここでは3本で紹介しました。)ローソク足から

『トレンドの強さ』や『トレンドの反転』を見極めましょう。

といった話しをしました。

代表的な『サイン』4つについては

一旦戻って、解説パートの画像を確認してくださいね!

 

<実際のチャートで見てみよう!>

ローソク足の並びによる『サイン』である「赤三瓶(上昇トレンド)」を実際のヤマトHDのチャートにあてはめてみました。

実際にあてはめた事で、

サインが機能する場合としない場合がある。

おとふみ

ということがよくわかってもらえたと思います。

それを理解したうえで

サインの信頼性が「高い場合」と「低い場合」というのをしっかりと分析し、導き出すことで、同じサインであっても勝率というのは大きく変わってきますよ。

という解説をおこないました!

 

以上です!

 

ローソク足は視覚的に相場を分析することができる便利なツールです。

しかし、読み方を理解していなくては

ただ漠然とチャートを眺めているだけです。

これではあんまり意味が無くなっちゃうので

まずは、ローソク足1本の読み方から順番に覚えていきましょうね☆

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)☆

おとふみブログ トップへ戻る

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード