【実践】損失を最小限に抑えるために

【株式投資】感情トレードがだめな3つの理由とその対策!

感情トレード 株

 

【株式投資】感情トレードがだめな3つの理由とその対策!

この記事は

・チャートを眺めているとついつい感情的に取引きしてしまう方

・損切り後に「たられば論」で落ち込んでしまう方

・株式投資初心者の方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『感情トレードがダメな理由』について解説します!

 

『お金が絡んでるんだから感情的になっちゃうよ!』

『あ~ぁ、あそこでこうしておけばなぁ~…』

こういった方を対象に

感情トレードがだめな理由 と それを改善するための考え方 

といった部分を解説していこうと思います。

 

あなたは取引きの度に

『株価上がってる!乗り遅れたくないから、今すぐ買っちゃえ!』

『う~ん…株価下がってきたけど、もう少し待てば回復しないかな?』

『含み損…確定したくないなぁ~。損切り…イヤだなぁ。』

こんな思いしたことありませんか?

このように自分の感情だけで判断していてはキケンです!

 

キケンな理由についてはこのあと解説していきますが、感情トレードをしていては投資で利益を上げることは難しいと言えます。

 

ここでは、感情トレードから抜け出すための考え方も紹介するので、

『あっ、自分かも…』

おとふみ

って思ったらこの記事を読んでおくと良いと思います。

解説内容

・チャンスを逃したくない!という気持ち

・利益がでた!極端に安心してしまう

・ちょっと待てば株価は回復する!という希望

がダメな理由と対策にについて解説します。

 

この記事でわかること

この記事を読むことで、感情トレードがいかにキケンなのかわかります。

その対策についても紹介するので、自分の感情を抑えてトレードできるようになる助けになると思います。

株式投資で利益を出し続けるには、感情トレードから抜け出す必要がある事がわかります。

感情トレードがダメな代表的なパターン3つ

感情トレード

ここでは感情トレードがダメなパターンを3つ解説していきます。

・チャンスを逃したくない!という気持ち

・利益がでた!極端に安心してしまう

・ちょっと待てば株価は回復する!という希望

こういった内容で順番に解説していきますね!

チャンスを逃したくない!という気持ち

ケース①

『この株あがってる!今買わないと乗り遅れちゃうよ!』

 

ケース②

『株を持っていないと落ち着かないな…チャンスを逃している気分…。』

お金を追いかける女性

あなたはこのような気持ちになったことありませんか?

株をはじめて「取引き操作に慣れた頃に抱く気持ち」がこれです。

僕もはじめて間もない頃、こういう気持ちになったことがたくさんあります。

でも、この感情…実はキケンなんです。

トレード失敗

ケース①『この株あがってる!今買わないと乗り遅れちゃうよ!』

 

株価を確認して、どんどん株価を上げている銘柄を見つけると「今すぐ買いたい!」という気持ちになってしまいますよね。

しかし、買った直後から株価が下がり始める。というのはよくある話しなんですよ。

俗にいう高値掴み」になってしまう可能性が高まります。

 

その結果、大きく上昇したところからの下落の勢いというのは強くなりがちなので

損失につながってしまいます…。

困った男性

『自分の想定していた動きじゃない!損切りしよう!』

すぐにこのように判断して損失を最小限に抑える事ができる! という人も少ないと思いますので。

ケース②『株を持っていないと落ち着かないな…チャンスを逃している気分…。』

 

今現在、何の株も持っていなくて どことなくソワソワすることないですか?

株を持っていない = 利益を得られるチャンスを逃している 

と捉えてしまい、している気持ち』になってしまうパターンです。

これもね…僕もあったんですよ!

毎日毎日、なにかしらポジションを持っていたい!

という感じでした。

結局、ポジションを持っていたい。という事が目的になってしまって銘柄選定や分析の部分がおろそかになってしまうんですよね。

結果的に、利益には繋がりにくく、分析不足のため損切りのタイミングを見失う事につながってしまいます。

では、この2つのケースを見て

こういったトレードをしてしまう原因はなんでしょうか。

 

<原因>

人間の感情の部分はまとめて解説するので、一旦おいておくと

・自分がエントリーするタイミングがバラバラ。

・自分が取引きする銘柄を『なんとなく上がりそう』で闇雲に選んでいる

こういった理由が考えられませんか?

人間の感情による行動を抑えるには、『ルール』というものが必要です。

必ずしも、守れるわけではないのが人間なのですが、抑止力にはなりますよね。

ということで対策です。

 

<対策>

・自分がエントリーするパターン、タイミングを決めよう!

・自分が取引きする銘柄をとりあえず3つに絞り込んでみよう!

おとふみ

この2つを決めてみましょう!

自分がエントリーするタイミングを決めてしまえば『乗り遅れそうだから今買わないと!』といった気持ちになりにくいです。

その理由は、タイミングやパターンを決めておくことで、『あなたが狙っているパターン』となりそうな銘柄を前もって監視しておく事で

チャンスを待ち構えるハンターになることができます。

 

自分がエントリーするタイミングが来るまでじっと待つ。ということですね。

勝てるタイミングを見極め、勝てる見込みのある勝負をするようにしましょう。

その為には、まずは自分が株を買うタイミングを自分の頭で考えて決め

『ルール化』しておかなければなりません。

 

もう一つの『銘柄を3つに絞ろう!』

この狙いなんですが

銘柄を絞って観察することで、エントリーするタイミングをある程度確保しつつ、『銘柄の値動きやクセ、パターン』というものが把握しやすくなるからです。

極端な話し、一つの銘柄を徹底的に研究しても良いと思います。

他の銘柄を見ないようにすることで、むやみに株を買おう!と言った行動に結びつきにくいですし、自分のエントリーポイントを見つけ出しやすくなると思います。

株をはじめて間もない方は、この『銘柄を3つ』に絞ることからはじめてみることをおすすめします。

利益がでた!極端に安心してしまう

ケース①

『順調に株価が上がっているな♪しばらく放置でいいか♪』

 

ケース②

『ちょっと利益がでた!うれしい!利確利確~♪』

あなたはこのような気持ちになったことありませんか?

株で利益が出ている間は『無防備』になりやすいです。

そして、少しでも利益が出ると『すぐに利益を確定』したくなります。

こういうこと、ありませんでしたか?

スキップ 男性

それから、『損小利大』聞いたことある方もいると思います。

株式投資で利益を出すためにはこの考え方を実行しなければなりません。

上記のケースでは、『損小利大』を目指すことはとても難しいと言えます。

困った男性

ケース①『順調に株価が上がっているから放置でいいや』

順調に利益が乗っている時ほど、人は油断します。

利益が乗っている間の細かな下落はさほど気にしないのではないのですか?

仮にそれが『大きな下落が始まるサイン』だったとしても…。

投資失敗

そして下落が始まったものの、すぐにまた上がるだろうと楽観視…

利益が食いつぶされて、損失が出てはじめて損切り…なんていうパターンに陥ることもあると思います。

ケース②『ちょっと利益がでた!うれしい!利確利確~♪』

株を買って、少し利益が出たら満足して、すぐに利益を確定してしてしまうパターンです。

判断としては正しい場合ももちろんあります。

しかし、小さな利益をたくさん取れたとしても

大きな損失を一回出すと利益が溶けてしまいます。

このケースでは『損小利大』ではなく

『損大利小』となりやすいケースになり、投資をすればするほどマイナスになりがちです。

トータルでプラス収支はおそらく狙えないでしょう。

では、この2つのケースを見て

こういったトレードをしてしまう原因はなんでしょうか。

<原因>

・株価上昇時のリスクヘッジの方法が決まっていない

・なぜ、損小利大をしなければならないのか良くわからない

こういった理由が考えられると思います。

株価が下落するときだけではなく

株価上昇時も、いつ株価が下落するのかわからないので、利益を減らさない為のリスクヘッジを考えることは必要です。

損小利大という言葉は聞いた事があっても、それをできている人は非常に少ないです。

僕もはじめの頃から意識はしていましたが、自分の取引きに落とし込むまでかなり時間がかかりました。

難しいところですが、まずは知るところからですね☆

ということで対策です。

 

<対策>

・株価上昇時の対応もパターン化しよう!

・損小利大が必要な理由を考えてみよう!

この2つを解説します。

株価上昇時の対応もいくつかのパターンを考え、どういう対応をするのかあらかじめ決めておきましょう!

『〇〇サインが出たら一旦利確』

『陰線が〇〇線を下回ったら手仕舞い』

おとふみ

といった具合にあらかじめ決めておくことで対応に迷いがでることもありません。

『楽観視』ではなく、そういったサインが現れないか確認する必要がでてくるので注意深く相場を観察しなければなりません。

その行動自体が『利益が出ているときの楽観視』を防いでくれることになると思いますよ。

 

もう一つの『損小利大』についてですが

一回一回のトレードで「買った」「負けた」の話しではなく、一年(仮)あたりでトータルでプラスを狙いたいわけですよね?

そうなると、どうしても損失を小さく抑えて、利益を大きく取らなければプラスにはなりません。

取れる時に利益を大きく取っておかないと、損失分をそこでカバーする事ができなくなっちゃいます。

 

株をすると言うことは立派なビジネスなんです。

例えてみると、このような感じです。

投資の考え方

初期投資でいくつもの事業(株を買う)をはじめ

その中のいくつかが利益を出し始める(利益の出た株)

もちろん失敗する事業(損失の出た株)も存在し、必要経費(損失)が掛かったものの事業撤退(損切り)

その必要経費(損失)利益を出している事業(株)で補いつつ、収益を拡大しなければなりません。

こういった感じですね。

トータルで見て  損失 < 利益

にしなければ年収支でプラスになりませんよね。

という話しです。

これからのトレードの 損失と利益のバランスを計算してみると参考になると思いますよ。

ちょっと待てば株価は回復する!という希望

ケース①

『損失を確定させたくないな~…』

 

ケース②

『もう少し待てば株価は回復するはず!』

こんな気持ちになったことありませんか?

僕はありますよ!

『もう少し待てば回復するかもしれない!』

と思いつづけ、気がつくと想定していた損失の3倍の損失が…なんてことも一度ありました。

おとふみ

みなさんも経験あると思います。

この損失を抱えた時と言うのは、人間の本能的にも正しい判断ができない状態に陥りやすいため難しいのですが、知っておくだけでも自己成長につながる部分だと思うので読んでみてください。

ケース①『損失を確定させたくないな~…』

 

僕たち人間は、損することが大キライです。

損失からついつい目を背けてしまう事って、あると思います。

しかし

株式投資において、その事実から目を背ける事はとてもキケンな事だと言うことはわかっていると思います。

なのに、できない…。

結局、損失が大きく膨らんでから損切りをおこなう事になったり塩漬け株になってしまい、資金を有効に活用する事ができなくなってしまいますよね。

結果的に、より大きな損失につながってしまう。

ということですね。

ケース②『もう少し待てば株価は回復するはず!』

株価が下がったとしても

『一時的なものだ!すぐに株価は戻る…はず!』

SBI証券口座開設不安

自分に都合の良いように相場を見ているダメな例です。

 

損失を抱えるほど人間は冷静な判断ができなくなるので、こういう思考に陥りやすくなってしまいます。

なにか根拠があって、こういった判断をしているのであればOKですが

希望的観測によるものだとすれば、イタズラに損失を大きくするだけなのでキケンな考え方だと言うことができます。

株をしている人であれば、一度は陥ったことがあるのではないでしょうか。

 

では、この2つのケースを見て

原因はなんでしょうか。

 

<原因>

・損切りのタイミングを感情で決めている

・損失を抱えることで冷静な判断ができなくなっている

 (プロスペクト理論)

こういった理由が考えられると思います。

損切りは、どうしても感情で決めてしまいそうになってしまいますよね。

僕もそうですが、みんな損はキライなんですよ!(笑)

だからこそ、『機械的に損切りの判断をできる人』は強く、僕らもそういう判断ができるようになる事を目指さなければなりません。

頑張る男性

ということで対策です。

 

<対策>

・エントリー前に損切りラインを設定しておこう!

・プロスペクト理論について知っておこう!

この2つを解説します。

 

エントリー前に、株価がどんな動きをするのか予測し

『ここまで来たら損切りだな』

というポイントを見極めたうえで株を買いましょう。

それだけでも『損切りは〇〇で実行』とルールを決めていることになるので。

 

ただ

一番の問題はあなた自身がそれを素直に実行できるかです…。

おとふみ

あなたが株で勝てるようになるには最低限『プロスペクト理論』を知っておく必要があると思うので、こちらにまとめた記事を張っておきます。

人間の心理について学ぶことも投資には必要なことだと考えます。

これを読み、知っておくだけでも

あなたの明日からの成績は変わってくると思います!

自分なりのルールというものを構築していきながら頑張りましょうね☆

 

感情トレードがだめな3つの理由とその対策!~まとめ~

感情トレード 株

・チャンスを逃したくない!という気持ち

・利益がでた!極端に安心してしまう

・ちょっと待てば株価は回復する!という希望

という3つの理由と対策について解説しました。

<チャンスを逃したくない!という気持ち>

お金を追いかける女性

ケース①『この株あがってる!今買わないと乗り遅れちゃうよ!』

ケース②『株を持っていないと落ち着かないな…チャンスを逃している気分…。』

この2つのケースを紹介しました。

理由については

・自分がエントリーするタイミングがバラバラ。

・自分が取引きする銘柄を『なんとなく上がりそう』で闇雲に選んでいる

という解説をしました。

こういったトレードから脱するには

・自分がエントリーするパターン、タイミングを決めよう!

・自分が取引きする銘柄をとりあえず3つに絞り込んでみよう!

といった対策を取ることで、未然に防ぎやすくなりますよ。

という話しをしました。

まずは、自分が取引きしたい銘柄を絞り込みましょう。

<利益がでた!極端に安心してしまう>

スキップ 男性

ケース①『順調に株価が上がっているな♪しばらく放置でいいか♪』

ケース②『ちょっと利益がでた!うれしい!利確利確~♪』

この2つのケースを紹介しました。

原因

・株価上昇時のリスクヘッジの方法が決まっていない

・なぜ、損小利大をしなければならないのか良くわからない

の2つではないかなぁ。と考えたので

とるべき対策は

・株価上昇時の対応もパターン化しよう!

・損小利大が必要な理由を考えてみよう!

この2点だと思います。

損は小さく抑えつつ、利益はできるだけ伸ばす。

その中でも、利益が出ているからといって楽観視していると、利益が全部飲み込まれてしまいますよ!株価上昇時もリスクヘッジは行いましょうね!

そういった解説をしました。

<ちょっと待てば株価は回復する!という希望>

ケース①『損失を確定させたくないな~…』

ケース②『もう少し待てば株価は回復するはず!』

という2つのケースを紹介しました。

原因

・損切りのタイミングを感情で決めている

・損失を抱えることで冷静な判断ができなくなっている

ということが言えるので

・エントリー前に損切りラインを設定しておこう!

・プロスペクト理論について知っておこう!

といった対策をとると良いですよ!

と解説しました。

ここで紹介したケースのほとんどにプロスペクト理論が関わってきます。

是非知っておくだけでも良いので、知らない方は先ほどのリンクから確認してみてください。

 

以上です!

 

感情トレードがダメな理由がわかって頂けたかな?(^^)

感情トレードからルールガチガチのトレードに移行するのは、めちゃくちゃスタミナ使います。

大変なんです。

でも、いきなりではなく、少しづつ自分のルールを決めて

ちょっとづつ実践してみる事で

『あっ!今までと違うな』

頑張る男性

と感じる事が出てくると思いますよ。

無理にやれ という話しではなく、やった方が良いよ!

という僕のおすすめの話しでした!

やったからといって、「絶対に勝てますよ」と保障できるわけでもないので…

最後まで読んで頂き、ありがとうございましたヽ(^o^)丿

おとふみブログ トップへ戻る

 

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード