【実践】銘柄の分析・選び方

どう見ればいいの?株価チャートの見方をやさしく解説!

チャートの見方 アイキャッチ

 

どう見ればいいの?株価チャートの見方をやさしく解説!

この記事は

・『チャート』の見方がよくわからない方

・『チャート』の見方を知り、自分の取引きに生かしたい方

・株式投資初心者の方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

『株価チャートの見方』について解説します!

 

『チャートって、みんなどんな見方をしているんだろう…。』

『漠然と見ているだけで、どう使えばいいかわからない…。』

こういった方を対象に

 

チャートの見方 と チャートの活用方法

について解説していこうと思います。

 

『株価チャート』 というと

株 チャート

たくさんのローソク足が時系列に並んでいるコレですよね!

この記事を読む前に

『ローソク足の読み方』を知らない方は、まずはこちらの記事から読んでみてくださいね!

チャートを漠然と眺めているだけでも、

上昇しそう!下落しそう!

なんとなくわかるかもしれません。

ただ、この「なんとなく」というのはキケン

ほぼ確実に感情トレードへ発展していってしまいます。

トレード失敗

感情トレードがダメな理由はこちらのリンクからご確認ください。

 

チャートの見方と一口に言っても

・「移動平均線」などのトレンド系指標を用いたもの

・「RSI」「MACD」などのオシレーター系指標を用いたもの

など見方はたくさんあります。とても一記事にまとめられる情報量ではありません。

なので今回は

もっとも活用頻度の高い「移動平均線」をつかった見方を解説していこうと思います。

プロの投資家も、売買タイミングをはかるのはチャートであり

株式投資を行うのであればチャートの見方を覚えておくのは必須です。

僕自身も売買タイミングはすべてチャートで判断しているので。

解説内容

・チャート(移動平均線)の基本的な見方

・チャート(移動平均線)から売買タイミングをはかる

・移動平均線は時に抵抗線・支持線となる

 

この記事でわかること

この記事を読むことで、『チャートの見方』や『使い方』がわかります。

ただ漠然とチャートを眺めていたあなたも、トレンドや売買タイミングをはかるためのツールとして使用できるようになります。

株式投資で利益を出すためには、相場のトレンドに乗る必要があります。

その為に『移動平均線』の活用方法を知っておかなければなりません。

 

チャート(移動平均線)の基本的な見方

株価チャートを開くと、チャートにかぶさるように

いくつかの(普通は3本)折れ線グラフがありますよね?

それが移動平均線です。

 

『移動平均線』とは

過去数日間(←日足の場合)の終値の平均を線でつないだものです。

言葉の通りの折れ線グラフで

『ふ~ん』ってなるかもしれませんが

相場の大きなトレンドが凄くわかりやすくなります!

毎日の終値をグラフにすると『ジグザグ』で方向性がわかりにくいですが

5日間の平均値を繋ぎ、グラフ化することで、このように方向性がわかりやすくなります。

チャートの見方

このローソク足5日分の平均線を5日移動平均線と言います。

(実際には、自分で5日、6日と設定を変更できたりもします。)

先ほど『3本』の移動平均線

といったと思いますが

一般的に、その3本は

・5日移動平均線

・25日移動平均線

・75日移動平均線

と設定されている場合が多いと思います。

意味合いは、先ほど説明した通り、

25日移動平均線であれば25日間の終値の平均値。

75日移動平均線であれば75日間の終値の平均値。

となります。

 

どんなトレード(時間軸)でチャートを活用するのかによっても、若干見方は変わりますが

直近のトレンドの判断は5日移動平均線、25日移動平均線の向きや角度それから、5日移動平均線と25日移動平均線、ローソク足の位置関係も合わせて見ておきたいポイントです。

見方としては

上昇傾向の強いチャートであれば、移動平均線は上向きのはずです。強い上昇の時ほど急な角度になります。

この移動平均線に掛かる、もしくは上にローソク足がある状態なら上昇トレンドだと判断できます。

しかし、株価は波を描きながら上昇、下降を繰り返す性質を持っています。

短期的(5日線)に強い上昇トレンドが判断できた時には、すでに遅いパターン(高値掴みとなってしまう)になってしまう可能性も十分にありえます。

なので、そういった可能性を減らすには

『移動平均線が、今後どんな動きをするのか。』

ということをある程度予測して売買判断を行う必要がでてきます。

おとふみ

チャートの見方:具体例

チャートの見方 トレンド判定※75日線を判断基準に入れるかどうかは取引時間軸によります。例えば、数日~数週間の取引きであれば重要視する必要はありません。

まずはこのチャートを見てください。

(前提として、日足チャートです。)

この株価チャートを見て上昇トレンドだと判断できるポイントは25日線と75日線です。

75日線、25日線が上昇傾向で、5日線がその上にいるので

数日~数週間(スイングトレード)の取引きであれば『上昇トレンド』だと判断できます。

逆に、25日線の下に5日線が割り込む形になれば『下降トレンド』へ発展する可能性が高まります。

このように

5日移動平均線と25日移動平均線の向きと位置関係で『トレンド』は判断できます。

実際の売買では

・5日線、25日線でトレンド判定

・5日線とローソク足から今後の展開を予測してのエントリー

という流れで良いと思います。

ローソク足から上昇、下降に発展しやすいサインはこちらの記事で解説しています。

ローソク足の読み方

5日移動平均線とローソク足から売買タイミングをはかる方法は後述します。

 

【チャートの見方】移動平均線から売買タイミングをはかる

移動平均線から売買タイミングを見極める代表的なものが

・ゴールデンクロス

・デッドクロス

です。

まずはこちらを解説していきます。

 

ゴールデンクロス

チャートの見方 ゴールデンクロス

こちらの図のように

5日移動平均線が長期線(25日、75日線など)を下から上に突き抜け、交差している状態。

これが『ゴールデンクロス』です。

このサインが出れば、一般的には「上昇トレンドに反転した」とみなされ

『買い』のチャンスとなります。

 

 

デッドクロス

チャートの見方 デッドクロス

こちらの図のように

5日移動平均線が長期線(25日、75日線など)を上から下に突き抜け、交差している状態。

これが『デッドクロス』です。

このサインが出れば、一般的には「下降トレンドに反転した」とみなされ

『売り』のチャンスとなります。

移動平均線のトレンドとローソク足(売買タイミング)

『ゴールデンクロス』と『デッドクロス』という代表的なサインを紹介しましたが

ここまでの解説を踏まえて

このサインが現れてから売買するのが良いでしょうか?

これが正解!というのは無いので個人的な考えですが

このサインが現れる前!現れる可能性が高まった時点を『エントリーポイント』とする方が良いと思います。

感の良い方ならわかっているかもしれませんが

『移動平均線が向きを変える』ということは『ローソク足にそれなりの変化』が起きているはずなんですよ。

・ローソク足に『反転サイン』がでた!

・大きな陽線(陰線)が出た!

・ローソク足と移動平均線がクロスした!

とかね!

まだまだあるけれど、今日はこれくらいにしておきましょう。

こういったサインから

『あと数日でゴールデンクロスするな』

といった具合に展開を予測してエントリーした方が利益を大きく取りやすいです。

初動が一番大きい。ということも全然あるので!

どんなサインで売買するのか細かいところは自分で煮詰めていく必要がありますが

展開を確認してから動くのではなく、予想した展開になることを想定して売買を行うようにすることをおすすめします。

【チャートの見方】移動平均線は時に抵抗線・支持線となる

移動平均線の活用方法は『トレンド判定』だけではありません。

中長期の移動平均線は時に

・株価の上昇を抑える『抵抗線』となる。

・株価下落を支える『支持線』となる。

こういった事が起こる事があります。

25日線が抵抗線となる場合

文章で説明する前にこちらの画像を見てください。

25日線 抵抗線

 

このように

ローソク足が、上昇しようという動きが出ていますが 『抵抗線』となった25日線に弾かれた形になっています。

このような状況、割とよく見かけることがあります。

下降トレンドでは、株価は波を描きながら何度も25日線に弾かれながら株価は下落していきます。

25日線が支持線になる場合

『支持線』の場合も同じです。

25日線 支持線

株価上昇の波を25日線がサポートするような形になっています。

上昇トレンドの時であれば、一時的な値下がりからの反発狙いで

『一旦値を下げた25日線近辺でエントリーする』

というのも一つの買い場と捉えることもできますね!

小まとめ

ここで紹介した

25日線は時に『支持線』『抵抗線』となる。

という考え方は結構使えます。

 

株価は波を描きながら「上昇」「下降」を繰り返すのですが

この波は、25日線を基準に描かれる事が多いです。

もちろん、すべてに言える事ではありません。あくまで、そのように動く可能性は高いですよ。という程度です。

 

実際見た方が早いので、いくつかのチャートを見てみてください。

上昇トレンド時に、何度も25日線に支えられて株価が上昇している銘柄はありませんか?

スマホ投資

僕の感覚的な話しになってしまいますが

大体、1回~3回 支持線に支えられ株価が反発する可能性があります。

このような動きになりやすいのは、投資家の多くが『移動平均線』を考察して売買タイミングをはかっているからだと考えます。

 

売買タイミングを考えてみよう!

せっかくなので、ここまでの解説を踏まえ、売買タイミングの一例を考えてみましょう!

Aのチャート

チャートの見方A

Bのチャート

チャートの見方B

 

この『A』『B』の2つの銘柄があったら

あなたはどちらの銘柄に『買いエントリー』しますか?

すぐに答えは書きません(笑)

この記事のまとめを読んで、最後に答え合わせしてみましょう☆

 

どう見ればいいの?株価チャートの見方をやさしく解説!~まとめ~

株価チャート

・チャート(移動平均線)の基本的な見方

・チャート(移動平均線)から売買タイミングをはかる

・移動平均線は時に抵抗線・支持線となる

こういった内容で解説しました。

振り返ってみましょう。

<チャート(移動平均線)の基本的な見方>

移動平均線は『〇〇本のローソク足の終値を平均し、それをグラフ化したもの』だと解説しました。

移動平均線の並びや向きから『トレンド』を見極める事ができます。

実際の売買では

・5日線、25日線でトレンド判定

・5日線とローソク足から今後の展開を予測してのエントリー

このように見ると良いと思います。

<チャート(移動平均線)から売買タイミングをはかる>

移動平均線から売買タイミングを見極める代表的なものとして

・ゴールデンクロス

・デッドクロス

を紹介しました。

しかし、実際にはクロスを確認してから売買しても遅いと言えます。

『ゴールデンクロスになりそうだな!』

と判断できた時点で買いエントリーした方が、大きな差益を狙いやすいと僕は思います。

 

<移動平均線は時に抵抗線・支持線となる>

中長期の移動平均線は時に

・株価の上昇を抑える『抵抗線』となる。

・株価下落を支える『支持線』となる。

こういった事が起こる事がありますよ。

という解説をしました。

25日線を基準に、株価は波を描きながら「上昇」「下降」を繰り返すことが多いです。

もちろん、すべてに言える事ではありません。その時の市場の動向や銘柄によっても違うのですから。

この波にうまく乗れるように売買タイミングを取りましょう!

『抵抗線』『支持線』近辺は、うまく乗れればおいしいタイミングになりやすいですよ!

投資する男性

<売買タイミングの答え合わせ>

先ほどの答え合わせを行いましょう!

正解は『A』の銘柄で、その後大きく上昇しました。

チャートの見方 答え合わせ

エントリー時、5日線は下降気味でしたが

75日線は横ばい、25日線は上向き

ということで上昇に転じる可能性が高いと判断できます。

このチャートで是非覚えておいてほしいのが、

底値から株価が上昇し『25日線』『75日線』を抜けると、そのラインが「支持線」として機能しやすい。

ということも合わせて覚えておきましょう!

ちなみに

Bのチャートは全体として下降トレンドなので、5日線と25日線の『ゴールデンクロス』は機能せず、75日線に弾かれてさらに下降していきました…。

 

以上です!

チャートの読み方 『移動平均線』について解説させて頂きました!

ここで解説したように、移動平均線の見方、ローソク足の見方を覚えるだけでも、売買判断に生かすことができます。

必ず機能するわけではありませんが、ここで紹介したチャートの動きが起きやすい場面というのは存在します。

他の指標と掛け合わせて、

『この指標が〇〇の時は移動平均線のノウハウが生きるな』

『ローソク足の並びが○○だから、このノウハウはダメだな…』

といった具合に総合的に判断すると良いと思います。

 

『シンプルな取引が良いな~。』

という方は、チャートと移動平均線だけで行っても良いです。

シンプルな考え方の方が利益を出せる!という方もいるので。

その辺は、実際にやってみて、自分に合う方法なのか少しづつ見極めていきましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございましたヽ(^o^)丿

おとふみブログ 株とアフィリエイト トップへ戻る

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード