【実践】損失を最小限に抑えるために

株で成功したい?!損切りルールが必要な3つの理由!!

アイキャッチ 株 損切ルール

 

株で成功したい?!損切りルールが必要な3つの理由!!

この記事は

・なかなか損切りできません…いつも損失が大きくなりがちな方

・損切のルールの決め方がよくわからない方

・これから株をはじめる方

に読んでもらいたい内容になっています。

今回は、

株式投資における『損切りルールが必要な理由』について解説します!

 

『あぁ~下がってきた…もう少し待てば…!』

『どこで損切りすればいいのかわからないよ…。』

こういった方を対象に

損切りルールが必要な理由をまずは解説していこうと思います。

2部構成とし、損切りルールの決め方についての記事もこちらにリンクを貼るので見てみてくださいね!

あなたは取引きの度に

『もう少し待てば株価は回復するハズだ!』

こんな感情を抱くことがあるのではないですか?

感情トレード

ドキッ! としたあなた!

みんな経験ある事なので大丈夫です!

とくにルールを決めずに取引きをしている株初心者の方であれば ほぼ全員経験あると思います。

僕も当然ありました。

しかし、この感情は非常にキケンで、株式投資においては大きな足枷になってしまいます。

損小利大を目指すどころか、損失ばかり膨らんでいく事が予想できます。

それが、なぜなのか?

という部分は本文で解説しますね。

 

いつもいつも損失が膨らんでいく…

儲ける為にやっているのに、お金が無くなっていく…

そんな状態から抜け出すには、まずは

損切ルールを決める!

とっても大切なことです。

解説内容

・株価の動きは誰にもわからない

・大きな損失は大きな損失を呼ぶ

・損切りは機械的判断によって実行に移せる

 

この記事でわかること

この記事を読むことで

損切りルールを設定しないとどうなるのか…。損切りルールの必要性は…!という部分がわかります。結局のところ、人は自分に都合の良い判断をくだしがちで、それは株式投資において大きなマイナス要素になります。

その影響を極力小さくする為に損切ルールが必要になるのです。

脱初心者したいのであれば、まずは損切ルールです。

この記事を読むことで、その重要性がわかります。

 

損切ルールが必要な理由① 株価の動きは誰にもわからない

株式投資 銘柄

株の値動きは投資家の心理

・大損や塩漬け株を防ぐためには!?

株の値動きは投資家の心理

株価ってどうして動くの?

株式投資の基礎シリーズでは、投資家たちの心理によって株価は変動しますよ。

と解説しましたね!

結局のところ、株価は人の心理によって変動していると言えるので、先の動きはだれにもわかりません!

予想することはできても、『確実にこうなる!』と100%言い切ることは無理だということです。

株価は『買いたい人』が多ければ 上昇

『売りたい人』が多ければ 下落

『買い』なのか『売り』なのか 判断する要因というのは、経済指標であったり会社四季報であったり業績であったりと、様々な指標がありますよね。

その指標をどう読み解き、どう判断するのかは一人一人違うわけです。

・取引きする時間軸

・株式投資をする目的

・投資方法  …など

このような違いが、同じ状況であったとしても異なる判断をくだす理由になります。

なので、

株価はどんどん上昇していくのか それとも ずるずると下落が続くのか

株価の動きはだれにもわからないとなるわけですね。

 

大損や塩漬け株を防ぐためには!?

あなたがどんな時間軸で 株を取引きするのかはわかりませんが

『自分の思いとは裏腹に、下落が止まらない…。』

と感じた時はありませんか?

この時にポジションを持っていたら、損失額精神的ストレス

きっとプルプルしてしまいますよね…。

投資失敗

このような状態に陥ったとしても、長期的に見たら株価が買い値以上に回復することもあります。

反対に

株価は戻らず、ずるずると下落し続けるかもしれません。

株価が上がると思い、株を持ち続けた結果がこのパターンの場合、

あなたが受けるダメージはエゲつない事になってしまいます!

最悪、損切りと同時に株式市場から撤退という結果に陥る可能性も出てきます。

こういった、最悪のシナリオを回避するためには

自分が『買いエントリー』した根拠(理由)が崩れた段階で、早め早めの損切りを意識することが重要になることを覚えておきましょうね☆

損切りのルールとして 自分で決める事で、いちいち悩む事はなくなるので、機械的な判断で損切りする事が容易になります。

修正するべきポイントが見えてきたらその都度ルールを見直す事で、あなた専用のルールが徐々に構築されていきます。

『株を持ち続けて大きく損してしまった…。』

『含み損が大きくなりすぎて、しばらくどうにもならない…。』

こんな事にならないためにも

損切りルールというものは必要になってきます。

 

損切ルールが必要な理由② 大きな損失は大きな損失を呼ぶ

株価下落

・損失を取り返したい!

・「大きな損失」があなたに与える影響

・大きな損失は大きな損失を呼ぶ~小まとめ~

 

損失を取り返したい!

株取引きにおいて損失が出たとき…その後の取引きで ついつい熱くなっていませんか?

クソー!負けたー!損失分絶対にとりかえしてやる!

:取り返すにはもっと大きなポジションを持たないと!

エントリー!(ポチ)

:…なんで下がるんだよぉ~…いや、もう少し待てば…!

:あれ?

:コレ以上は無理だ…

大損確定 ズン…

 

こんな流れですかね(笑)

僕たち人間は「損」が大っキライなので、『損失』がでるとすぐに取り返そうとします。

そりゃ損が好きな人なんているわけないので当然なのですが

ココで言いたいのは

僕たち人間は、『損』を取り返すためなら大きなリスクも無意識に受け入れてしまう。ということです。

普通なら

『そんな取引き危なくてできないよ!』

と思うような、大きなロットであったり、根拠の薄いエントリーポイントでも

『損失』を抱え、「取り戻したい!」という感情が強く出る事で

『損失を取り返すにはコレしかない!』

と考え、リスクの大きな行動にうつしてしまうんですよね…

(プロスペクト理論)

 

「大きな損失」があなたに与える影響

感情トレード

ここまで解説した内容もふまえ

大きな損失を受ける事で、あなたにどんな影響があるのかというと

・大きな損失による、投資資金の減少

・相場を冷静に見る事ができなくなる

・無駄にエントリー回数が増える

・ハイリスク、ハイリターンな取引に手を出してしまう

・さらに損失が膨れあがり、この連鎖から抜け出せなくなる

こういったことが言えます。

損失を受けると、やっぱりイライラしてしまいますよね…。

『だれかオレの取引き監視してんじゃねーの?』

って思うくらい逆行するときもありますもんね。

僕も過去にマウスを投げつけた事はあります(笑)

そんな精神状態では冷静に相場を観察することはほぼ無理です。

『損』を取り返したい!と躍起になってしまい

普段ならエントリーしないところで株を買ったり、自分のルールから外れた位置でエントリーしたりと、無駄な取引きが増えます。

(勝率が上がるわけがありません)

この状態で、普段よりの大きくロットを入れることで短時間で大きく利益を出そうとしてしまいます。

(もはや只の自殺行為ですね。)

トレード失敗

一旦このような状況に陥ると、負の連鎖が続くことになってしまいます。

 

小まとめ

僕が言いたい『大きな損失は大きな損失を呼ぶ』とはこう言うことです。

一度負の連鎖に陥ると、なかなか抜け出せません。

人間の心理をついた蟻地獄のようなものです。

この連鎖に陥らない為には

自分が許容できる損失の範囲内で損切りするためのルールを決めることです。

例えばですが

5.000円の損失が確定した場合と

50.000円の損失が確定した場合では

あなたはどう感じますか?

50.000円の損失が確定してしまうと

『うぅ~…プルプル…』

パソコンで頭を抱える男性

なりますよね。

5.000円程度の損失であれば

『何がダメだったのかな?次の取引はもっと慎重に行おう。』

といったように、負の感情に支配される事は少なくなると思います。

初心者の方や経験の浅い方は、一度の大きな利益が出たり、反対に 大きな損失が出たりすることに耐性がないと思います。

なので

投資初心者の方ほど、まずは「自分が受け入れる事のできる損失額」を基準に損切りルールを組み立てると良いと思いますよ。

自分が冷静に取り組むことのできる環境をつくる事が大切です。

 

損切ルールが必要な理由③ 人間は損切りが苦手!

悩む夫婦

・損切りが難しいのは当然

・損切りルールを作りこむ事が解決策になる!

 

損切りが難しいのは当然!

株式投資においては、僕ら人間に多くのバイアスが働いています。

・現状維持バイアス

・自信過剰バイアス

・損失回避バイアス  など

これらが働くので、『損失を確定させる』という行動になかなか踏み切れなくなる。

と、繋がるわけなんです。

ココでは、『損失回避バイアス』について かんたんに解説しますね!

 

損失回避バイアスとは

そもそもバイアスってなに?
バイアスとは、偏りの事です。

株式投資においては、指標であったり、今現在の相場観を思考・判断する際の思い込み要因となります。自分に都合の良い捉え方をしてしまいます。

バイアスとは、このように

思い込みにより、合理的な判断を妨げる要因のことです。

では『損失回避バイアス』とはなにか。

損失回避バイアスは

利益がでる喜び

損失を受ける悲しみ

この二つを比べると、損失を受ける悲しみの方が大きく感じてしまう…

という人間の特徴の一つです。

わかりやすく言えば

『今損しないなら、なんだっていい!』

『目の前の損失を認めたくない!』

『もう少し待てば、損失は無くなるかもしれない!』

こういった感情が働くのは『損失回避バイアス』が働いているからだと言えます。

お金を追いかける女性

例えばですが

あなたが1万円もらったとしましょう。

『ラッキー♪儲けたぜいヽ(^o^)』そんな気持ちになりますよね。

しかしそこから、せっかくもらった一万円を落とし、無くしてしまう

もの凄く悲しい気持ちになるはずです。

もらった一万円を落としただけで、自分の元々の所有金額は変わらない幸福度というものは変わらないハズなんですけどね。

しかし、その一万円を無くした後の方が、 1万円もらう前よりも幸福度が落ちてしまいます。

これに関しては多くの実験が行われており

損失の悲しさは利益を得るうれしさの2~2.5倍だと計測されています。(損失、利益の金額の大きさによって影響の度合は変わります。

なので、上記の例で考えると

1万円失った悲しみを補うには、約2万~2万5000円必要だということになりますね。

これほどまでに、人間は『損』することがキライなのです。

この『損が大キライ』という極端なほどに損失を嫌がる感情が、損切りの判断を鈍らせる、狂わせる原因となります。

おとふみ

この心理はプロの投資家にだって当てはまることです。

なので、損切りが難しいのは当然なんです。

~感情トレードはさらに損切りを難しくする~

このブログでも何度も出ている『感情トレードはNG』に関してですが

感情に任せてエントリーすると、初心者であればほぼ確実に損切りポイントを見失います。

その結果、株価が逆行してもズルズルと株を持ち続け『大きな損失』に繋がります。

「上昇の波に乗り遅れそうだから買う」といったように、機会損失を「損」だと捉え、慌ててエントリーするのはおすすめしません!

(※こういったエントリーがすべてダメ。といったワケではなく、後先考えずにエントリーするのはやめた方がいいですよ。という意味で捉えてくださいね!)

 

損切りルールを作りこむ事が解決策になる!

損切りがどれだけ大切なのかは、あなた自身もわかっているはずです。

しかし…実際に損切りが必要な場面になると 

なかなか実行できない…

おとふみ

このようになってしまう根本的な原因

・感情トレード(投機)をしている

・自分の投資方法が確立できていない

・損切りルールが決まっていない

こういった原因が考えられると思います。

ココでは「損切りルールが決まっていない」の項目について解説したいと思います。

他の項目は別の記事を参考にしてみてくださいね!

 

損切りルールが解決策になる理由

・判断基準が明確になる!

・取引き方法・性格に合わせたルールを構築できる!

・損切りラインを意識したエントリーができるようになる!

こういった事が言えます。

「損切りルール」で損切りをするラインやポイントを自分で設定することで、株価下落時にダラダラと株を持ち続ける事は少なくなるはずです。

『下がってきたなぁ~、売った方がいいかなぁ…?』

『もう少し待てば、回復するかなぁ~?』

こんな自問自答はやめて、自分のルールで忠実に損切りしましょう!

忠実にルールを守る事で

・その結果どうなったのか?

・ルールを改善する必要があるのか?

・自分の取引き方法を見直す必要があるのか?

こういった事を考えるための検証データになります。

あなたに合う、『再現性のある取引き方法』を探し出す為には絶対に必要だと僕は考えています。

何にせよ、一定の基準を自分の中に持つことで『後に生きるデータ』となります。

 

闇雲にエントリーし、『勝った』『負けた』…

 

『どうして〇〇株買ったの?』『なんで勝てると思ったの?』

『あなたの根拠はなに?』『損切りしたポイントはどこ?』

『損切りは正しかった?』 …

 

…よくわからない…覚えていない…。

トレード失敗

闇雲に、感情に任せたトレードから得られるデータというのは薄っぺらく、次の取引きに生かせるとは言えませんよね?

僕からしたら『もったいないなぁ』と思います。

おそらく、この記事を

「ふむふむ…そうなんだ!」

と読んでくれている方の大半は株で損しているはずです。

ただ損するだけではなく、あとに繋げる事のできるデータが取得できれば、それは損ではなく「初期投資」と考える事もできますよね!

あなたが検証と改善を繰り返すことで

あなたにしか考えることのできない、あなたのための取引き方法(損切りルール含む)が出来上がっていくはずです。

そうして作り上げたモノは自信が持てます

頑張る男性

その自信が『ルール遵守(機械的判断)』へと繋がり、プロスペクト理論や損失回避バイアスに耐え、打ち勝つ事へと繋がるのです。

この好循環を生み出すにまず必要なのは

仮説レベルでもいいので『損切りのルール』をとにかく決めること

これが大切です。

おとふみ

(初心者のうちは、そもそもどうやってルールを決めたらいいのかもわからないと思います。それに関してはこの記事は2部構成なので、このページの最後にあるリンクからご覧ください。)

 

株で成功したい?!損切りルールが必要な3つの理由!!~まとめ~

損切りルールが必要な理由として

・株価の動きは誰にもわからない

・大きな損失は大きな損失を呼ぶ

・損切りは機械的判断によって実行に移せる

こういった内容で解説しました。

<株価の動きは誰にもわからない>

結局のところ、

株価は人の心理によって変動していると言えるので、先の動きはだれにもわかりません!

株式市場からの撤退という最悪のシナリオを回避するためにも

自分が『買いエントリー』した根拠(理由)が崩れた段階で、早め早めの損切りを意識することが重要となります。

塩漬け株になってしまっては、資金を有効に使えず機会損失にもつながりますね。

投資で困る男性

<大きな損失は大きな損失を呼ぶ>

『損失』を抱え、「取り戻したい!」という感情が強く出る事で

・大きな損失による、投資資金の減少

・相場を冷静に見る事ができなくなる

・無駄にエントリー回数が増える

・ハイリスク、ハイリターンな取引に手を出してしまう

・さらに損失が膨れあがり、この連鎖から抜け出せなくなる

このような悪循環に陥りやすくなります。

この悪循環に陥らないために必要なのは

・自分を知る事

・自分の身の丈にあった損失額に抑えること

(はじめはロットを小さく持つこと)

が大切になってきます。

投資 女性

<損切りは機械的判断によって実行に移せる>

『今損しないなら、なんだっていい!』

『目の前の損失を認めたくない!』

『もう少し待てば、損失は無くなるかもしれない!』

こういった感情が前面にでるのは「損失回避バイアス」が働いているからです。

この心理はプロの投資家にだって当てはまることであり、損切りが難しいのは当然だと解説しました。

この感情に支配されない為には

自分の取引きルール(損切りルール)を決め、ルールを遵守した取引きを行う事が大切になってきます。

あなたが検証と改善を繰り返すことで

自信の持てる取引きルールが出来上がっていきます。

その自信と自分のルールへの信頼が『ルール遵守(機械的判断)』へと繋がり、プロスペクト理論や損失回避バイアスに耐え、打ち勝つ事へと繋がるのです。

自分の経験から確信できます。

以上です!

この記事では「損切りルールが必要な理由」ということで解説しました。

ルールを設定せずに継続的に利益を出している人ってどれくらいいるのかなぁ?

僕のちょっとした疑問です。

僕自身の経験から言えば、めんどくさいし手間がかかるけれど

絶対にルール化した方がいいです!

シンプルなものでも良いと思います。

 

僕の取引き標準の一部です。

(ほぼモザイクですが、このように書き起こすだけでも全然違います!)

2020年 株取引標準 ブログ用

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

おとふみブログ 株とアフィリエイト トップへ

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード