【実践】損失を最小限に抑えるために

株式投資のルールってどこまで必要なの?!短期売買の目線で解説します!

アイキャッチ画像 株式投資ルール

 

株式投資のルールってどこまで必要なの?!短期売買の目線で解説します!

この記事は

・株式投資におけるルールの考え方が知りたい方

・ルールを決めずに投資をしている方

株式投資のルールを「どこまで決める必要があるのか」わからない方

に読んでもらいたい内容になっています。

あなたは

 

『株式投資のルールって言うけど、どこまで決めればいいの?』

『株式投資のルールってどんな考え方をすればいいのかわからない。』

こんな悩みがあるのではないですか?

 

結論から言えば、わからなくて当然です。

僕の考えとしては、

・自分が損しない為にはどうすればいいか。

・再現性を出すにはどうすればいいか。

・自分の冷静さを保つためにはどうすればいいか。

といった観点から、コツコツと築き上げるものだと思っています。

(僕は一年以上かかりました。)

 

ですがまだ株を初めて間もない方であっても

3年で元金を4倍にした僕が『どういった事に対してルールを定めているのか』について紹介することで、あなたの株式投資ルール構築のお手伝いができるのではないかと考えています。

 

今回は株式投資(短期売買)が完結するまでを6パートに分けて解説します。

ただし、今回の趣旨は『ルールの範囲』なので、一つ一つを深堀りはしません。

ルールを決める範囲について知りたい方には参考になると思います。

解説内容

・投資を行う時間軸

・銘柄選定の基準

・エントリータイミング

・資金管理

・損切り

・利確

この記事でわかること

・おとふみの株ルールの範囲がわかります。

・各ルールの考え方がわかります。

あなたが再現性のあるトレードを行い、利益を出せるようになるまでに掛かる時間を大きく短縮することができるようになるはずです!

 

株式投資のルール① 投資を行う時間軸

時計と時間
投資の時間軸におけるルールとはなんですか?

おとふみ
おとふみ
  これは、あなたがどんな株取引きをしたいのか。ということです。

決めておかなければ、なにを基準に株を取引きすればよいのか定まりません。

この『時間軸を決めよう!』というのは

株の経験が浅い方にとっては特に大切です。

 

なぜかって部分なのですが

取引の時間軸が違う事でファンダメンタル分析、テクニカル分析のやり方・考え方は変わりますし、経済ニュースの受け取り方も変わってきます。

ということは、時間軸が定まらないといろんな情報を追いかけ、振り回され、それだけで疲れることになります

おまけにどの情報とあなたの時間軸との相性がいいのかわからないので、利益にも繋がりにくいと言えます。

良いことはありません…。

なので、株初心者の方は株を取引きする時間軸を一つに絞って取り組む事をおすすめします。

 

時間軸の捉え方は人それぞれ

証券会社

一つ質問です。

中期投資とは、具体的にはどれくらいの期間の事を言うと思いますか?

 

3か月? 半年? 1年?

色んな答えがでてきませんか?

あなたが答えに迷うように、他の人も明確な答えを持っていない場合が多いです。

 

人によって時間軸の考え方はバラバラだということになります。

 

ある人にとっては3か月で中期投資でも、3か月で短期、もしくは長期投資だと捉える人もいるので、2chやSNSで『この銘柄上がりそう』とか『この銘柄売りでしょ!』といった情報に流されるのはおすすめしません。

あなたの取引き時間軸では、答えは変わってくることもあるので、こういった情報に流されない。といったルールを定めておくことは結構おすすめです。

 

取り組み方

株を取引きする男性

結論から言えば

あなたの生活スタイルにあった投資時間軸を決め、その時間軸で利益を上げれるように取り組んでいくのが良いと思います。

 

そうすることで、情報にあふれた株式投資の世界で迷子になりにくくなります。

先ほども言いましたが、時間軸によって投資前に行う分析や情報収集は違ってきます。

いくつもの時間軸を並行して覚えようとする心意気は素晴らしいですが、実際大変ですし、混乱することもあるでしょう。

そういったことを避けて、効率よく株の技術を磨きたいのであれば一つの時間軸に絞ることをおすすめします。

 

参考までに

・スキャルピング

 →1分1秒単位の取引き

 

・デイトレード

 →一日で完結する取引き

 

・スイングトレード

 →数日~数週間(僕的には約1ヵ月くらい)

 

・中期投資

 →数か月間で完結する取引き

 

・長期投資

 →数年~数十年かけてじっくり育てる

このなかで、本業のある あなたがとれる現実的な手段スイングトレード、中期、長期となるのではないでしょうか。

平日にお休みがある方はデイトレードもできるかもしれませんね!

 

ただし、取引きの時間軸が短ければ短いほど難しいと思っておいてください。

 

株式投資のルール② 銘柄選定の基準

投資する男性

投資する銘柄は…

なんとなくこれ上がりそうじゃない!?

おとふみ
おとふみ
  なんとなくで選ぶと再現性が無くなってしまいます。

銘柄を選ぶ方法はたくさんありますが、『あなたなりの基準』というのをしっかり決めておく必要がありますよ。

結論から言えば

感情に任せて、色んな銘柄に飛びつくのはやめましょう。

飛びつきを防ぐためのルール』と『投資対象を決める基準(ルール)

をさだめましょう。

銘柄選定のルールが必要な理由


銘柄選定の方法はたくさんあります。

チャート分析やファンダメンタル分析、指数、会社四季報の情報 …などのいろんな情報をもとに『この銘柄は上がりそうだな!』と銘柄を絞り込むわけです。

 

しかし、初心者にありがちなのが

 『チャートが右肩上がり…直感的に今後も上がると思った。』

 『良いニュースが出たから明日は株価が上がるぞ?!』

 といった感覚的に銘柄を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

 このような選び方に再現性はありませんよね…。

 

そこで、あなたなりの基準(ルール)で良いので、ある程度絞って考えるようにしましょう。

 はじめは簡単なもので大丈夫です。

少しずつルールを追加していけば良いと思いますので。

 しかし、これではざっくり過ぎるのでこの銘柄選定のルールで絞り込む要素をいくつか出したいと思います。

 

銘柄を絞り込む要素

・どの市場から銘柄を選ぶのか

・自分の身近な企業の株を選ぶ

・会社の業績、財務が〇〇で良好!

・テクニカル指標は3つに絞る!

・自己資本比率が◯◯以上!

・スクリーニングで、自分の勝ちパターンのチャート形状を見つける …など

絞り込む要素はたくさんあります。

これに関しては、深く解説しないとわかりずらいと思うので、今後また解説記事を書きたいと思っています。

初心者の方はこちらの記事も参考になると思うので興味があればご覧ください。

 

株式投資のルール③ エントリータイミング

株の買い方
エントリータイミングって上がると思った時じゃないの?

自分の感情のみでエントリーすると、再現性が皆無なのでおすすめしません。

 

僕が株に取り組んできて心底思うのは

エントリータイミングは非常に重要だということです。

 

初心者が陥りがちなパターンとして

どんどん値を上げる銘柄につられ

『まだ上がりそうかも…今買わないと損かも…』

モヤモヤした夫婦

みたいに思ってしまい、高値で株を買ってしまう

高値掴みとなり、株を買った途端に値を下げる…なんてのは良くある話しです。

あなたも身に覚えがありませんか?

株を買えば値が下がる。株を売れば値が上がる…。

こうなってしまう理由は『損得感情によるエントリー』を行っている場合がほとんどです。

これを防ぐために、エントリータイミングであなたが株を買うタイミングをルール化することは大切なのです。

 

エントリータイミングをルール化するメリット

エントリータイミングを決める事で

・再現性のある取引きができる

・感情トレードとなることを抑止できる

感情トレードで個人投資家が勝てる可能性は限りなく低いので。

こういったメリットがあることはもちろんなのですが

 

もう一つ!

損失を受ける可能性のある金額や見込みの利幅をなんとなくコントロールすることができるメリットがあります。

なんとなくといったのは、株価の動きは誰にもわからないからです。

 

しかし、エントリータイミング、損切り、利確といったルールをすべて絡めて考えることである程度は可能になります。

詳しくは…そのうち有料で発信するかもしれません 。

 

株式投資のルール④ 投資する資金(資金管理)

お金と豚さん
株式投資において資金管理が大事なのはわかるけど、どんなルールを決めればいいんだろ?

一番大切なのは、身の丈に合った資金で運用することだよ!

ここであなたに伝えたいのは

資金管理は自分の許容リスク内の取引きを行うことを徹底し、自分の冷静さを保つためには必要ですよ。

と言うことです。

 

損失は人を盲目にする

感情トレード 株

損失はあなたの冷静さを奪います。

 

人は損失、もしくは含み損を受ける事で

『マジかよ…今日中に取り返すぞ!』

といった行動にでたり

『いや、もう少し待てば上がるはずなんだ!』

といった淡い期待を抱きながら どんどん沈んでいく人もいます。

 

普通なら損切りするところでできなかったり、感情的になっているときはトレードをしない方が良いにも関わらず、大きなリスクをとって自滅していく…あるあるです。

トレード失敗

 

自分やまわりのことが見えなくなってしまうんですよね。

 

これに関しては、プロスペクト理論についての記事も合わせて読むと、僕の言いたい事がよりわかって頂けると思います。

 

自分の許容リスクを理解する事が大切

お金を追いかける女性

先ほど紹介した、損失によりあなたが冷静さを失う原因は

あなたが、あなたの許容リスクを超える取引きをおこなっているからです。

あなたはいくらまでの損失なら普段通り過ごせるでしょうか。

 

500円?5千円?5万円?

初心者のあなたは5万も損すれば結構動揺するのではないですか?

であれば、5万円損するような大きなロットで取引きをしないように資金管理ルールを決めことです。

あなたの許容リスクはあなたにしかわからないので、自分でいくらまでの損失なら大丈夫なのか見出しておきましょう。

おとふみ

 

資金管理のルールの具体例

書類

資金管理のルールといっても、どうやって決めればいいのでしょうか。

あなたの許容リスクがわからないので具体的にアドアイスは無理ですが、例えばどんなルールがあるのか。僕がやったことあるルールを紹介します。

・銘柄の株価によって、投資ロット数を決めておく

・自分の資金の1/4の資金でまずはエントリーする

・相場環境に合わせて、ポジションをコントロールする

 (細かくは割愛します。)

・現物株と信用取引のバランスを決めておく

・戦略的な資金の使い方をエントリー前に決める

 などです。

最初に言ったように、細かい解説は今回は行いません。

こちらの記事に、戦略的な資金の使い方について解説しているので

興味があればご覧ください。

 

株式投資のルール⑤ 損切り

損切りのルールが大切なのは良く聞きますよね~!

そうですね~。これを決めておかないとなかなか瞬時に損切りの判断ができないんですよね。

損切りルールの必要性としては、損失を限定することです。

しかし、実際にやろうと思おうとなかなかできない方が多いのではないでしょうか?

人は損をすることが大っ嫌いなので、無意識にその判断から逃げようとするんですよね…。

 

なので、

『明確なルールを設定し、機械的な判断で損切りをしよう!』

というのがこのパートです。

これに関しては、詳しく解説した記事がありますので、こちらの記事をご覧ください。

 

株式投資損切りルール関連記事まとめ

 

株式投資のルール⑥ 利確

投資とお金
利確のルールも決めておいた方がいいのですね?

  そうですね。利益が出ている時ほど人は油断します。あっという間に含み益が吹きとっぶことだってあります。利確ルールを決めておくことで油断が生まれにくくなります。

僕は利確ルールを決めておくことが、利益を大きくとることに繋がると思っています。

あなたは経験ないですか?

『含み益が出て、油断している間に含み損へ…』

『小さな利益が出たらすぐに利確して、小さな利益しか積みあがらない…』

こういった経験があるのなら、利確のルールは決めた方がいいですね。

なぜなら、利確できてこそ あなたの利益になるからです!

『当たり前じゃん!』

って思うでしょうが、持ち株の含み益が出ていることに満足し、そこで緊張感が抜けてしまうことはありませんか?

 

含み益は利益ではありません。

大きな含み益があったとしても、利確のタイミングを逃し、結局損失になってしまった…

それでは悲し過ぎます。

大きな含み益を 大きなうちに利確できるルールを考えましょう。

 

株式投資 利確のルールの例

投資 女性

では今までの流れで、どんな利確のルールがあるのか少しだけ紹介します。

・〇〇%の利益がでたら利確

・ローソク足チャートの形が〇〇になったら利確する

・反転サインが出たら利確する

・移動平均線乖離率が〇〇%になったら利確 …など

こういった感じですね。

あなたの取引き方法に使えるルールがあるかはわかりませんが、短期売買をしている方なら使えるルールがあるのではないでしょうか。

ただし、〇〇の部分はご自分で詰めていってくださいね☆

 

株式投資のルールってどこまで必要なの?!短期売買の目線で解説します!~まとめ~

ビジネスマン

・投資を行う時間軸

・銘柄選定の基準

・エントリータイミング

・資金管理

・損切り

・利確

今回は、株式投資初心者の方向けに

『株式投資のルールを決める範囲』について解説しました。

 

一つ一つの深堀解説はしませんでしたが

どういった事に対してなぜ、ルールが必要なのか。

決める事で今までと、どう変わるのか。

といったことはわかって頂けたのではないでしょうか(^^♪

 

最初に言ったように、本来は一から自分で考えてルールを考えるべきです。

でなければ、あなたの取引き方法やあなたの性格にマッチした取引きルールにはならないからです。

 

しかし、それをやるとものすごく時間がかかります

僕は株をはじめて一年くらいはジリ貧でした。

でも、毎日毎日過去のチャートで色んな取引きを検証したり、値動きを読む練習をしたり、自分のメンタルの弱さを見つめ直したりしていました。

ルールがある程度固まり始めたのは2年目からです。

時間がかかるんです。

 

しかし、ルールが必要な範囲とどうして必要なのかなんとなく知っておくだけで、あなたが再現性のある株取引ができるまでに掛かる時間は大きく短縮されるはずです。

今回紹介した項目はテンプレみたいなものです。

それぞれを自分に合う形で組あげていきましょう!

 

ルールを決めるにあたって

・自分が損しない為にはどうすればいいか。

・再現性を出すにはどうすればいいか。

・自分の冷静さを保つためにはどうすればいいか。

といった視点を大切にしつつ、取り組んでみてくださいね!

 

それではこの辺で…またお会いしましょう。

 

おとふみブログ 株とアフィリエイト トップへ

 

 

ABOUT ME
アバター
おとふみ
家族の将来のために株とアフィリエイトを頑張っています!自分も毎日目標にむけて頑張ったことや学んだことを発信していきます。株に関しては少額投資ながら3年かけて元手資金を4倍以上に増やしました!アフィリエイト×株式投資で将来の不労所得を目指します! Follow @otofumiblog
アフィリエイトのアクセストレード